Caldacasa ONLINE SHOP

Caldacasaとはスペイン語で「暖かい家(ホームスタジアム)」と言う意味です。 お客様の心に暖かい満足を提供できるように日々精進致します。 電話受付ポップ-5.jpg

Caldacasa MOBILE SHOP

Caldacasa MOBILE BLOG

 

リンクバナー

当ブログはリンクフリーです。

バナーを御自由にお使いください。

categories

archives

selected entries

recent trackback

SAMURAI BLUE コートジボワール戦、右サイドから効果的に攻め続けた結果は後半ロスタイムに実り、2020年初勝利を達成!

0

    Hola!

     

     

     

     

    店主です☆

     

     

     

     

     

     

    今日はFOOTBALL MIDWEEK!!!

    皆さんの御贔屓チームにどうかご武運を。

     

     

    コートジボワール戦-6.jpg

     

    我らがSAMURAI BLUE

    昨日は現地時間15時45分から、カメーン戦と同じく、ランユトレヒトにてコートジボワールとの国際親善試合を行いました。

     

     

    カメルーン戦から、約半数スタメンを入れ替える形になりました。

    攻撃に関してはカメルーン戦はやや消化不良気味。

     

     

    攻撃面で数多くチャンスを創出することを期待された前線のスカッド。

    鎌田大地選手(フランクフルト=ド)がトップ下の位置に入り、タクトを振るう形に。

     

     

    カメルーン戦の終盤にいい形を魅せた伊東純也選手(ヘンク=ベルギ)が右ウイングで、久保建英選手(ビジャレアル=ペイ)が左が先発。

     

     

    そこに右サイドバックが「攻撃的な」室屋成選手(ハノーファー=ド)が海外移籍後初先発ということもあり、予想通りといえば予想通りで右サイドに偏重した形となりました。

     

     

    コートジボワール戦-5.jpg

     

    伊東選手やオーバーラップした室屋選手が数々とクロスやグラウンダーを上げ続けたのは、今後を考えるととても有益。

    ひとつのパターンとしては、単純明快かつ定型化しやすく、分かっていても防げない精度を持つようになれば大きな武器となります。

     

     

    伊東選手はチャンスをかぎ分ける力がベルギーに行ってから増している感があるので、いい意味で使われ方を知っている位置取りができるようになりました。

     

     

    ただのスピード勝負のドリブラーでないことは実証済。

    数度室屋選手を使った連携も披露し、周りが使えることも証明。

     

     

    引き続き、堂安律選手(ビーレフェルト=ド)とのポジション争いとなりますが、堂安選手にはない「劣勢を跳ね返す力」「ジョーカー力」も持ち合わせている感があります。

     

     

    持ち前のスピードにスタートから発揮できる戦術眼をさらに養うことが求められます。

    クロスを上げる他にもうワンパターン、形が必要かもしれません。

     

     

    コートジボワール戦-3.jpg

     

    チャンスメーカーとしての能力は発揮しましたが、フィニッシュに至るという点ではやや消化不良だったかもしれない鎌田選手。

    19-20シーズンの欧州主要5大リーグ1部在籍日本人選手唯一となる二けた得点を記録し、一気にフランクフルトのアイドル的存在に成りあがりました。

     

     

    短期間での連携構築といったハンデがあったところも消化不良の要因の一つだとは思います。

    しかし、クラブでもやったことのないワントップを任されたり、代表デビュー後の数試合は本来のポジションとは違う役割を任されていたので、消化不良に終わってしまったことを責めるのは酷というものです。

     

     

    深化が発揮されるのはやはりトップ下。

    南野拓実選手(リバプールイングランド)や今回は未招集の中島翔哉選手(=ポルガル)とのポジション争いとなります。

     

     

    これほど高いレベルでの切磋琢磨は日本フットボール史でも初めてのこと。

    Jリーグ発足から27年で遂にここまでに達したという感慨があります。

     

     

    再来年のQATAR2022まで、3人とも所属クラブで結果を残し続けることが、日本の攻撃スカッドが国際レベルでのランクを上げることに直結するはずです。

     

     

    コートジボワール戦-2.jpg

     

    一方ワントップでは、鈴木武蔵選手(ベールスホト=ベルギ)が珠玉の出来栄え。

    フリーランの質、ボールキープなど、一気に大迫勇也選手(ブレーメン=ド)を脅かしそうなハイパフォーマンスぶりでした。

     

     

    体の強さは、ジャイカ出身の父親譲り。

    コートジボワールの猛者たちにも一切負けることなくチャンスメイク。

     

     

    鈴木選手の活躍ぶりは、間違いなくこれからも代表に呼ばれ続けるであろう水準。

    今後の活躍次第では大迫選手からポジションを奪う可能性もあります。

     

     

    流れるようなドリブルから、落ち着き払った1対1のシュートのうまさは日本トップクラス。

    GKとの駆け引きにも優れているので、手垢がついた「決定力不足」を解消させてくれるポテンシャルも十分あるでしょう。

     

     

    シュートパターンが少ないのはやや難点ですが、はまった時はそれさえも忘れさせる凄味があります。

    ワントップのポジション争いは今後間違いなく活性化しそうです。

     

     

    コートジボワール戦-4.jpg

     

    中盤で確実に攻撃の芽をつぶし、「相方」の柴崎岳選手(レガネス=ペイ)に「愛のある」縦パスを配球し続けた我らが遠藤航選手(シュトゥットガルト=ド)

     

     

    この日は左サイドバックで先発、バランスを保つ役割だった中山雄太選手(ウォ=ラン)とは違う形で中盤を引き締めました。

     

     

    中山選手が「循環器」ともいえる形でワンタッチでパスをさばくのに対し、遠藤選手は激しくもクリーンに絡めとってから、縦の選手へと預けるもの。

     

     

    激しくもクリーンに絡めとるさまは、「湘南スタイル」の源流。

    縦関係を常にルックアップすることを忘れないというのも、チョウ・キジェ監督(流通経済大学サッカー部コーチ)が植え付けたイズムです。

     

     

    長谷部誠選手(フランクフルト=ド)、吉田麻也選手(サンリア=タリ)のネクストはおそらく遠藤選手でしょう。

    その位置にふさわしいリーダーシップと人間力を兼ね備えています。

     

     

    コートジボワール戦-1.jpg

     

    柴崎選手のパスをスイッチに右サイドから攻め立てること90分。

    遂に実ったのは、ロスタイム突入直後。

     

     

    右サイドハーフウェーやや前から得たFK。

    柴崎選手はファーへ構えた植田直通選手(サークルブルッヘ=ベルギ)へやや山なりのクロス。

     

     

    相手のマークをかいくぐると信じてあげられた、計算された感覚のある軌道は植田選手の頭にピタリ!

    見事なファーでのダイビングヘッドで決勝点!

     

     

    鹿では「勝利の味」を存分に会得してから渡ったベルギー挑戦でしたが、序盤はなかなか出番に恵まれずに苦しい日々を過ごしました。

     

     

    しかし、3シーズン目の今季はクラブでの地位も獲得しつつあり視界は良好。

    富安健洋選手(ボローニャ=タリ)との激しいポジション争いは続きますが、まずは所属クラブで確固たる地位を築くことがポジション奪取への近道です。

     

     

     

     

    Caldacasaでは、TOKYO2020を控えるU-23なでしこJAPAN4年前の雪辱を期すSAMURAI FIVEQATAR2022でのリベンジを見据えるSAMURAI BLUEを全力で応援!

     

    未来の日本代表戦士を支える応援アイテムを数多く取り揃えております。

    是非ご覧になってください!

     

     

     

     

    たとえば・・・

     

    UN2019-5-1.jpg

     

    【 【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON 映画「ドーハ1993+」Tシャツ 】

     

     

     

    型番 UN2019-05




    販売価格 4,400 円(税込み、10%)

         



    【サイズ】
    【着丈:身幅】(cm)
    M 70:52
    L 74:55
    XL 78:58


    【素材】
    綿100


    【カラー】
    ブルー

     

     

    thumbnail_UN2019-2-1.jpg

     

    【 【日本代表応援ポロシャツ】 CORAZON ULTRAS ポロシャツ 】

     

     

     

    型番 UN2019-2

     

     

     

    販売価格 4,950 円 → 3,465 円(税込、10%)



    【サイズ】
    【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
    S 64:46:22
    M 68:50:23
    L 71:54:23
    XL 75:58:24

    【素材】
    コットン60%、ポリエステル40

    【カラー】
    ネイビー、グレー

     

     

    UN2019-3-1.jpg

     

    【 【日本代表応援パーカー】 CORAZON ULTRAS2019ZIPパーカー 】

     

     

     

    型番 UN2019-3

     

     

     

    【販売価格】
    7,700 円(税込、10%)



    【サイズ】
    【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
    S 62:52:57
    M 66:55:60
    L 70:58:61
    XL 75:63:62

    【素材】
    コットン52%、ポリエステル48
    ※裏起毛付きで保温性に優れております。

    【カラー】
    ロイヤルブルー

     

     

    UN2017-1-1.jpg

     

    【  【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON RUSSIA2018出場記念Tシャツ 】

     

     

     

    型番 UN2017-01



    販売価格 3,565 円 → 1,070 円(税込、10%)

    70%OFF!

     

     

    HU2018-5-2.jpg

     

    【 【日本代表応援Tシャツ】 HOOLIGAN UNITED ULTRAS×HUFC Tシャツ vol.1 )】

     

     

     

    型番 HU2018-03



    販売価格 3,780 円 → 1,890 円(税込)
    50%OFF!



    【サイズ】
    ※Tシャツ【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
    S 65:48:20
    M 68:51:21
    L 71:54:22
    XL 74:57:23

    【素材】
    コットン100

    【カラー】
    ブラック(プリント:ホワイト)、ブラック(プリント:ブラック)

     

     

    UN2019-7-5.jpg

     

    【 【日本代表応援マフラー】 CORAZON ULTRAS QATAR2022 スカーフマフラー 】

     

     

     

    型番 UN2019-07

     

     

     

    販売価格 3,300 円(税込み)

     

     

    【サイズ】
    横幅150僉⊇追17

    【素材】
    ポリエステル65%、コットン35%


    ※スカーフというネーミングではありますが、ペラペラとした素材ではなく、しっかりとした作りになっており、引っ掛かりにくい織り方をしております。

     

     

    UN2019-8-1.jpg

     

    【 【日本代表応援パーカー】 CORAZON ULTRAS×CORAZONパーカー 】

     

     

     

    型番 UN2019-08

     

     

     

    販売価格 6,600 円(税込)

     

     

    【サイズ】
    【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
    S 62:52:44:57
    M 66:55:48:60
    L 70:58:52:61
    XL 75:63:55:62

    【素材】
    コットン52%、ポリエステル48

    【カラー】
    ブルー



    日本代表 7.JPG

    日本代表 6.JPG

    日本代表 5.JPG 

    日本代表 4.JPG

    日本代表 3.JPG

    日本代表 2.JPG


    日本代表観戦にもってこいです!



    UN2018-1-8.jpg


    ULTRAS商品は、 
    こちら  から!

     

     

     

     

     

     

     

     

    それでは良い昼下がりをお過ごしください!

     

     

    Adios♪


    SAMURAI BLUE 今年初の国際親善試合は、カメルーン相手に見せ場は少なくとも堅実な守備でスコアレスドローに持ち込む。

    0

      Hola!

       

       

       

       

      店主です☆

       

       

       

       

      102週目の週末。

      ちょうど昨年のこの週末に巨大な台風19号が大きな爪痕を残しました。

       

       

      今年も台風14号が本州の上陸こそ逃れましたが、伊豆七島に被害をもたらそうとしています。

      近隣の方はどうか最大限の警戒と早めの避難、安全確保をしてください。

       

       

      カメルーン戦-6.jpg

       

      さて、我らがSAMURAI BLUE

      昨日は今年初めての国際Aマッチを、ランユトレヒトの地でカメーンと戦いました。

       

       

      A代表史上初の「オール欧州組」というスカッド。

      嫌が応にもワクワクするメンバーぶり。

       

       

      華麗な連携や個人技で数多くの決定機演出が期待されましたが、なかなかそうはいかず。

      速攻と遅攻の使い分けがうまくできずにバイタルエリアやアタッキングサードでの「交通渋滞」に終始した90分となりました。

       

       

      攻撃こそ期待外れに終わった感はありますが、短期間で選手たちの連携を仕上げてきたレベルの高さはやはり厳しい欧州の地で名を挙げているだけのことはあります。

       

       

      決定機こそ、流れの中から作り出すことはできませんでしたが、セットプレイから3度ほどゴールに迫るなど、今後に期待が持てる内容だったということもできるでしょう。

       

       

      カメルーン戦-2.jpg

       

      特に守備面は欧州の一流どころに所属している選手が最終ラインに軒を連ねているところもあり、カメルーンの攻撃陣を特に後半はほぼシャットアウト。

       

       

      日本の守備陣の国際レベルの成長ぶりは目を見張るべきで、マスコミや有識者にはもっとこの事実をフォーカスしてほしいと強く思います。

       

       

      攻撃の不発ぶりのみを大きく嘆き、この点にのみフォーカスを置くべきではありません。

      特に相手の左からの攻撃は「完封勝利」に近かった酒井宏樹選手(マルセイユ=ラン)はさらにレベルが上がった感が半端なく、「そりゃあのネイマール(・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール選手(パリサンジェルマン=ラン))だって抑えるわ!」と思わせる働きぶり。

       

       

      あのACミラン=タリへの移籍も噂される富安健洋選手(ボローニャ=タリ)とのユニットも良好。

      短期間で連携も仕上げて、カメルーンの前線陣に仕事という仕事をさせませんでした。

       

       

      権田修一選手(ポルティモネンセ=ポルガル)が慌てるような場面は皆無。

      国際試合ならではの強度こそありますが、しっかりと近代的な「ファイブレーン」を使ったスタイルで秩序立てて攻撃を組み立てたカメルーンに決定機らしい決定機を前半の一度のみに抑えたことは称賛に値します。

       

       

      カメルーン戦-4.jpg

       

      その点では、「百戦錬磨」といってよい吉田麻也選手(サンリア=タリ)の経験値は日本代表の財産で、吉田選手がいるからこそ長谷部誠選手(フランクフルト=ド)から受け取ったバトンは円滑なものになっていると感じられます。

       

       

      多少のことでは大崩れしない。

      この大前提があるからこそ、先ほどの逆を言えば、マスコミや有識者は攻撃の身にフォーカスして論調を組み立てているということもできるわけです。

       

       

      ディフェンスに関しては、もっとレベルの高い列強国との対戦を数多くこなし、精度を上げていきたいもの。

      現状ではその機会が数年に一度とW杯を除けばあまりにも少ないように感じます。

       

       

      距離的な問題はありますが、せめて東南アジアあたりの中立地で年に一度ほどは列強国との対戦機会を持ちたいもの。

      結果かかわらず、選手たちにも良い発見となるはずです。

       

       

      守備だけでなく攻撃面での成果も大きく出るのが列強国とのテストマッチ。

      来年以降のマッチメイクに期待しましょう。

       

       

      カメルーン戦-3.jpg

       

      実は「左利きのセントラルハーフ」ということに絞ると、日本代表では実に名波浩選手以来となる中山雄太選手(ズウォレ=ラン)

       

       

      TOKYO2020世代でもチームの心臓になりつつある、「循環系」のパス捌きは、A代表でも一定の成果を上げました。

      華麗さこそありませんが、テンポよくワンタッチで左右に捌く様は育成組織出身の純血ぶりを想起させます。

       

       

      下平隆宏監督(現横浜FC監督)や吉田達磨監督(現シンガポール代表監督)に青年期に日立台で叩き込まれたスタイルは、国際舞台で鮮やかに花を咲かせようとしています。

       

       

      日本の「循環器」になる日もそう遠くはないでしょう。

      黒子のように迅速にパスを捌き、そして攻撃の芽をつぶす。

       

       

      セントラルハーフとしての役割を高いレベルで全う。

      名波選手以来、左利きでA代表のセントラルハーフに定着した選手はいません。

       

       

      カメルーン戦-1.jpg

       

      ポジション奪取へ。

      中山選手の挑戦は今始まったのかもしれません。

       

       

      南野拓実選手(リバプール=イングランド)はじめ、流れの中の攻撃は「企画倒れ」という形に終わりました。

      「新10番」として、攻撃の中心を担った南野選手でしたが、この日は現在復調を待つ中島翔哉選手(=ポルガル)が未招集だったこともあり、バリエーションの構築にも苦労した模様。

       

       

      中央からの単独突破で何度か目を見張るシーンもありましたが、決定機までには至らず。

      堂安律選手(ビーレフェルト=ド)もサイドに蓋をされた形でやや不完全燃焼気味。

       

       

      大迫勇也選手(ブレーメン=ド)は孤軍奮闘という形で南野選手とともに攻撃を引っ張りましたが、この日は輝きを放てず終いでした。

       

       

      その点で伊東純也選手(ヘンク=ベルギ)の突破力や久保建英選手(ビジャレアル=ペイ)の個人能力は、試合終盤には流れを変えることができることも再認識。

       

       

      カメルーン戦-5.jpg

       

      特に現在ビジャレアルでなかなか使ってもらえずにフラストレーションが溜まっているであろう久保選手は、やはり終盤では流れを引き寄せるジョーカーになることを証明してくれました。

       

       

      最後のフリーキックは非常に惜しいものであり、決めれば「持っている」と思わせたもの。

      「持っている」領域に入るためにはもう一息なので、現状をもプラスに変えて、まずは指揮官の信頼を勝ち取りたいところです。

       

       

      最後にこのコロナ禍の中、Aマッチ開催に尽力してくれた日本政府とオランダ政府に最大限の感謝を!

      全容が見えてきたとはいえ、未だに収束の気配がない中での開催には相当難しい判断だったことは容易に想像できます。

       

       

      強化はもちろんですが、それ以上に「日本国民を元気づける」ことが一番の目的だったはずです。

      その点では、普段日本代表以外にフットボールを見ない方にも「日常にサッカーが戻ってきた!」と思わせるにふさわしい90分だったでしょう。

       

       

      それだけに火曜のコートジボワール戦では、数多くの決定機演出に期待するところ。

      フットボールはやはり得点が一番。

       

       

      火曜の夜は国民を元気づけるだけではなく、明日へのパワーが湧くような一戦に期待。

      良い形で来月も開催される欧州遠征につなげていきましょう!

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      2020-SUMMER-AUTUMN-SALE.jpg

       

      【 2020 SUMMER-AUTUMN SALE開催!】

       

      毎年恒例の夏の終わりのSALEが今年も開催!

      アイテム購入で5%OFF! 

       

      2アイテムで10%、3アイテムで15%、4アイテム以上購入で最高表示価格から20%OFFとなるお得なSALEです!

      秋冬服のご購入を検討される方はぜひお試しくださいね!

       

       

      いよいよ、明日10/11(日)まで!

      決して損はさせません。

       

       

       

       

      たとえば・・・

       

      UN2019-5-1.jpg

       

      【 【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON 映画「ドーハ1993+」Tシャツ 】

       

       

       

      型番 UN2019-05




      販売価格 4,400 円(税込み、10%)

      10/11(日)までのご購入で表示価格からさらに5%OFF!

      4,400 円 → 4,180 円(税込)

           



      【サイズ】
      【着丈:身幅】(cm)
      M 70:52
      L 74:55
      XL 78:58


      【素材】
      綿100


      【カラー】
      ブルー

       

       

      thumbnail_UN2019-2-1.jpg

       

      【 【日本代表応援ポロシャツ】 CORAZON ULTRAS ポロシャツ 】

       

       

       

      型番 UN2019-2

       

       

       

      販売価格 4,950 円 → 3,465 円(税込、10%)

       

      10/11(日)までのご購入で表示価格からさらに5%OFF!

      3,465 円 → 3,292 円(税込)



      【サイズ】
      【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
      S 64:46:22
      M 68:50:23
      L 71:54:23
      XL 75:58:24

      【素材】
      コットン60%、ポリエステル40

      【カラー】
      ネイビー、グレー

       

       

      UN2019-3-1.jpg

       

      【 【日本代表応援パーカー】 CORAZON ULTRAS2019ZIPパーカー 】

       

       

       

      型番 UN2019-3

       

       

       

      【販売価格】
      7,700 円(税込、10%)

      10/11(日)までのご購入で表示価格からさらに5%OFF!

      7,700 円 → 7,315 円(税込)



      【サイズ】
      【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
      S 62:52:57
      M 66:55:60
      L 70:58:61
      XL 75:63:62

      【素材】
      コットン52%、ポリエステル48
      ※裏起毛付きで保温性に優れております。

      【カラー】
      ロイヤルブルー

       

       

      UN2017-1-1.jpg

       

      【  【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON RUSSIA2018出場記念Tシャツ 】

       

       

       

      型番 UN2017-01



      販売価格 3,565 円 → 1,070 円(税込、10%)

      70%OFF!

       

      10/11(日)までのご購入で表示価格からさらに5%OFF!

      1,070 円 → 1,017 円(税込)

       

       

      HU2018-5-2.jpg

       

      【 【日本代表応援Tシャツ】 HOOLIGAN UNITED ULTRAS×HUFC Tシャツ vol.1 )】

       

       

       

      型番 HU2018-03



      販売価格 3,780 円 → 1,890 円(税込)
      50%OFF!

       

      10/11(日)までのご購入で表示価格からさらに5%OFF!

      1,890 円 → 1,796 円(税込)



      【サイズ】
      ※Tシャツ【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
      S 65:48:20
      M 68:51:21
      L 71:54:22
      XL 74:57:23

      【素材】
      コットン100

      【カラー】
      ブラック(プリント:ホワイト)、ブラック(プリント:ブラック)

       

       

      UN2019-7-5.jpg

       

      【 【日本代表応援マフラー】 CORAZON ULTRAS QATAR2022 スカーフマフラー 】

       

       

       

      型番 UN2019-07

       

       

       

      販売価格 3,300 円(税込み)

      10/11(日)までのご購入で表示価格からさらに5%OFF!

      3,135 円(税込)

       

      【サイズ】
      横幅150僉⊇追17

      【素材】
      ポリエステル65%、コットン35%


      ※スカーフというネーミングではありますが、ペラペラとした素材ではなく、しっかりとした作りになっており、引っ掛かりにくい織り方をしております。

       

       

      UN2019-8-1.jpg

       

      【 【日本代表応援パーカー】 CORAZON ULTRAS×CORAZONパーカー 】

       

       

       

      型番 UN2019-08

       

       

       

      販売価格 6,600 円(税込)

      10/11(日)までのご購入で表示価格からさらに5%OFF!

      6,270 円(税込)

       

       

      【サイズ】
      【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
      S 62:52:44:57
      M 66:55:48:60
      L 70:58:52:61
      XL 75:63:55:62

      【素材】
      コットン52%、ポリエステル48

      【カラー】
      ブルー



      日本代表 7.JPG

      日本代表 6.JPG

      日本代表 5.JPG 

      日本代表 4.JPG

      日本代表 3.JPG

      日本代表 2.JPG


      日本代表観戦にもってこいです!



      UN2018-1-8.jpg


      ULTRAS商品は、 
      こちら  から!

       

       

       

       

       

       

       

       

      それでは良い夜をお過ごしください!

       

       

      Adios♪


      SAMURAI BLUE 来月10月に欧州遠征にてカメルーン、コートジボワールと対戦へ!

      0

        Hola!

         

         

         

         

        店主です☆

         

         

         

         

         

         

        9月も早くも中旬。

        ここからの秋雨前線の停滞で、一気に季節は秋へとなる予報です。

         

         

        SAMURAI BLUE オランダ遠征-4.jpg

         

        さて、我らがSAMURAI BLUE

        いよいよ、来月に欧州遠征が解禁。

         

         

        といってもJリーグ所属の選手は日程とのすり合わせが必要となり、日本帰国後に14日間の隔離が必要となるので今回の代表入りは事実上不可能。

         

         

        欧州組の選手のみでの日本代表となるのは史上初となります。

        「オールスター」ともいえる今回のメンバーに胸を躍らせている方も多いのではないでしょうか。

         

         

        「爆発的な感染拡大という状況には至っておらず、日本からの入国者に対し、隔離などの行動制限を設けていないうえ、ヨーロッパからも選手が集まりやすい。」と反町康治技術委員長は説明。

         

         

        SAMURAI BLUE オランダ遠征-2.jpg

         

        また、開催地がランになったことにも触れ、最善の準備と環境を整備してくれたことにも言及。

        数日前までは強豪とのマッチメイクが不可能とメディアに騒がれていただけに、カメーンコートジボワールとの対戦は驚きをもって迎えられました。

         

         

        昨年の12月から時計の針は止まったままのA代表。

        今回は事実上欧州組のみの招集ということもあって、欧州でプレーする選手たちにはこの上ないモチベーションとなるはずです。

         

         

        さらに年内の日本国内の渡航制限解除は難しいという見解から、11月も欧州での遠征が予定されているとのこと。

        当然森保一監督が帯同するので、多くの選手を長い時間現地で視察できるというメリットが生じるかもしれません。

         

         

        長ければ一月半の欧州滞在も噂されています。

        J出身の有力選手だけではなく、例えば東欧で活躍する日本では「マイナー」ともいえる海外組選手の発掘にも期待が持てます。

         

         

        SAMURAI BLUE オランダ遠征-3.jpg

         

        監督こそ当時はワハド・ハリルホジッチ監督でしたが、当時ブルリアでプレーしていた加藤恒平選手(FKイスクラダニロヴグラード=モンテネグロ)が大抜擢されたという過去もあるので、ユーゴ諸国ルーニアポーランドラトビアでプレーしている選手たちにもスポットが当たるかもしれません。

         

         

        北欧や東欧圏でプレーしている選手たちには、千載一遇のチャンスです。

        ここで「俺が俺が」の意識を強く持ってほしいところ。

         

         

        Jリーグ所属の選手が今回は競争相手にいないので、ハードルは一つ低くなったと考えられます。

        どれくらい招集するのかわかりませんが、キャンプも行うとの情報があります。

         

         

        つまりは、30人近くの選手が呼ばれることになります。

        最低紅白戦を行える人数x2と考えると、30〜35人くらいにもしかしたらなるかもしれません。

         

         

        SAMURAI BLUE オランダ遠征-1.jpg

         

        再びルーマニアの地でプレーする、「東欧のカリスマ」的存在ともいえる瀬戸貴幸選手(アストラ=ルーニア)や、裸一貫でルビに飛び込み、今季は遂に主将を任されるまでになった志村謄選手(FKスパルタク・スボティツァルビ)にとってはフットボール人生をかけた大チャンスでしょう。

         

         

        元J組の俊英も数多くバルト海沿岸や北欧諸国に点在しています。

        何も西欧に所属し、Jで結果を残した選手だけのものではありません。

         

         

        ここで期待するのは「下剋上」

        加藤選手がそのパイオニアとなって3年。

         

         

        加藤選手や瀬戸選手の姿を見て、高卒や大卒後に東欧諸国へ旅立つフットボーラーも増えました。

        雑草、苦労人とは手垢がついた表現ではありますが、そんな彼らがオランダで脚光を浴びる瞬間を見たいという気持ちがあります。

         

         

        あとひと月、西欧の「花形」選手たちはもちろん、東欧の選手たちの一挙手一投足にも注目したいもの。

        代表メンバーやキャンプメンバーはあっと驚くものになるかもしれません。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        2020-SUMMER-AUTUMN-SALE.jpg

         

        【 2020 SUMMER-AUTUMN SALE開催!】

         

        毎年恒例の夏の終わりのSALEが今年も開催!

        アイテム購入で5%OFF! 

         

        2アイテムで10%、3アイテムで15%、4アイテム以上購入で最高表示価格から20%OFFとなるお得なSALEです!

        秋冬服のご購入を検討される方はぜひお試しくださいね!

         

        決して損はさせません。

         

         

         

        たとえば・・・

         

        UN2019-5-1.jpg

         

        【 【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON 映画「ドーハ1993+」Tシャツ 】

         

         

         

        型番 UN2019-05




        販売価格 4,400 円(税込み、10%)

        10/11(日)までのご購入で表示価格からさらに5%OFF!

        4,400 円 → 4,180 円(税込)

             



        【サイズ】
        【着丈:身幅】(cm)
        M 70:52
        L 74:55
        XL 78:58


        【素材】
        綿100


        【カラー】
        ブルー

         

         

        thumbnail_UN2019-2-1.jpg

         

        【 【日本代表応援ポロシャツ】 CORAZON ULTRAS ポロシャツ 】

         

         

         

        型番 UN2019-2

         

         

         

        販売価格 4,950 円 → 3,465 円(税込、10%)

        10/11(日)までのご購入で表示価格からさらに5%OFF!

        3,465 円 → 3,292 円(税込)



        【サイズ】
        【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
        S 64:46:22
        M 68:50:23
        L 71:54:23
        XL 75:58:24

        【素材】
        コットン60%、ポリエステル40

        【カラー】
        ネイビー、グレー

         

         

        UN2019-3-1.jpg

         

        【 【日本代表応援パーカー】 CORAZON ULTRAS2019ZIPパーカー 】

         

         

         

        型番 UN2019-3

         

         

         

        【販売価格】
        7,700 円(税込、10%)

        10/11(日)までのご購入で表示価格からさらに5%OFF!

        7,700 円 → 7,315 円(税込)



        【サイズ】
        【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
        S 62:52:57
        M 66:55:60
        L 70:58:61
        XL 75:63:62

        【素材】
        コットン52%、ポリエステル48
        ※裏起毛付きで保温性に優れております。

        【カラー】
        ロイヤルブルー

         

         

        UN2017-1-1.jpg

         

        【  【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON RUSSIA2018出場記念Tシャツ 】

         

         

         

        型番 UN2017-01



        販売価格 3,565 円 → 1,070 円(税込、10%)

        70%OFF!

         

        10/11(日)までのご購入で表示価格からさらに5%OFF!

        1,070 円 → 1,017 円(税込)

         

         

        HU2018-5-2.jpg

         

        【 【日本代表応援Tシャツ】 HOOLIGAN UNITED ULTRAS×HUFC Tシャツ vol.1 )】

         

         

         

        型番 HU2018-03



        販売価格 3,780 円 → 1,890 円(税込)
        50%OFF!

         

        10/11(日)までのご購入で表示価格からさらに5%OFF!

        1,890 円 → 1,796 円(税込)



        【サイズ】
        ※Tシャツ【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
        S 65:48:20
        M 68:51:21
        L 71:54:22
        XL 74:57:23

        【素材】
        コットン100

        【カラー】
        ブラック(プリント:ホワイト)、ブラック(プリント:ブラック)

         

         

        UN2019-7-5.jpg

         

        【 【日本代表応援マフラー】 CORAZON ULTRAS QATAR2022 スカーフマフラー 】

         

         

         

        型番 UN2019-07

         

         

         

        販売価格 3,300 円(税込み)

        10/11(日)までのご購入で表示価格からさらに5%OFF!

        3,300 円 → 3,135 円(税込)

         

        【サイズ】
        横幅150僉⊇追17

        【素材】
        ポリエステル65%、コットン35%


        ※スカーフというネーミングではありますが、ペラペラとした素材ではなく、しっかりとした作りになっており、引っ掛かりにくい織り方をしております。

         

         

        UN2019-8-1.jpg

         

        【 【日本代表応援パーカー】 CORAZON ULTRAS×CORAZONパーカー 】

         

         

         

        型番 UN2019-08

         

         

         

        販売価格 6,600 円(税込)

        10/11(日)までのご購入で表示価格からさらに5%OFF!

        6,270 円(税込)

         

         

        【サイズ】
        【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
        S 62:52:44:57
        M 66:55:48:60
        L 70:58:52:61
        XL 75:63:55:62

        【素材】
        コットン52%、ポリエステル48

        【カラー】
        ブルー



        日本代表 7.JPG

        日本代表 6.JPG

        日本代表 5.JPG 

        日本代表 4.JPG

        日本代表 3.JPG

        日本代表 2.JPG


        日本代表観戦にもってこいです!



        UN2018-1-8.jpg


        ULTRAS商品は、 
        こちら  から!

         

         

         

         

         

         

         

         

        それでは良い日曜の夜を!

         

         

        Adios♪


        なでしこジャパン シービリーブスカップは3連敗に終わり、修正を迫られる結果に。

        0

          Hola!

           

           

           

           

          店主です☆

           

           

           

           

           

          3月も二度目の週末。

          日々情勢は厳しくなりますが、明けない夜はありません!

           

           

          なでしこ シービリーブスカップ-12.jpg

           

          我らがなでしこJAPAN

          先週金曜から、昨日の木曜まで7試合で3試合戦い抜いた、TOKYO2020前の力試しといえた「シービリーブスカップ」は、深刻と言わざるを得ない結果に終始してしまいました。

           

           

          初戦のペイ戦は岩渕真奈選手()のゴールシーン以外にいいところなし。

          高倉麻子監督が標榜する「最終ラインからのビルドアップ」が全く機能していない形で、高い位置からボールを奪われるシーンが3試合を通じて散見しました。

           

           

          高い位置から数的不利な状況で奪われ失点献上。

          チームとしてもモチベーションがガクンと落ちてしまう失点の仕方では、引き分けに持ち込むことさえも難しくなってしまいます。

           

           

          なぜこのような状況が頻発しているのかが理解できませんが、ボタンの掛け違いとなっている萌芽は他のシーンにも散見しています。

           

           

          なでしこ シービリーブスカップ-7.jpg

           

          永里亜紗乃氏がSNS上で、怒り交じりに発信した内容もそうですし、スペイン人が指摘する「日本人はなぜボールに行かないのか?サッカーは相手からボールを奪う競技でもあるのに」といった指摘はチームの約束事が行き渡っていない、選手個々の解釈に大きな乖離があるのではないかと感じさせます。

           

           

          高倉監督も昨年のFRANCE2019で感じたであろう「大きなうねり」に巻き込まれないために必死ではあるでしょう。

          ビルドアップが決まれば、攻撃は中一辺倒すぎるきらいはありますが、世界最高峰クラスの精度でフィニッシュへと持っていきます。

           

           

          これは日本サッカー界が9年前の財産をフルに活用した大きな成果であり、このようなチャンスシーンが切れ味鋭く量産できている現状に、絶望論のみで終始することには抵抗があります。

           

           

          言うなれば「ボタンの掛け違い」です。

          高倉監督の進退が囁かれただけに、今回の続投要請で流れを変えていかなければいけません。

           

           

          なでしこ シービリーブスカップ-10.jpg

           

          「金メダルを取れると強く信じている」

          大会後に口にしたこの発言。

           

           

          3連敗という結果だけに笑止千万に取られるでしょう。

          しかし、4か月後に迫った「大舞台」ではやるしかないのです。

           

           

          なでしこを後押しする大観衆、地元というアドバンテージは確実にあります。

          ただ、その後押しで相手との力量差を覆せるだけの「素地」をあと4か月で作っていかなくてはなりません。

           

           

          チャンスシーンではいくつもその素地が見られました。

          U-17で世界を獲った杉田妃和選手()は世界標準レベルに達し、三浦成美選手(日テレ・ベレーザ)は昨年の悔しさを糧にさらなる成長を遂げている感があります。

           

           

          なでしこ シービリーブスカップ-9.jpg

           

          全てが暗闇なわけではありません。

          明るい材料は確実に存在しています。

           

           

          一筋の光を手繰り寄せる作業かもしれませんが、ピーキングは4か月後の本番にもっていけばよいだけの話。

          悪い方向に考えることはいくらでもできます。

           

           

          今現在は悲観論ばかりが先行することでしょう。

          悪かったところばかりが目立ったことは高倉監督自身も認めています。

           

           

          しかし、チャンスシーンの精度の高さが証明するようにいい部分もあります。

          この精度の高さは9年前とは比べ物にならない部分。

           

           

          なでしこ シービリーブスカップ-8.jpg

           

          なでしこの最近10年間をすべて知る岩渕選手には、より一層チームを引っ張ってほしいところ。

          やはりスペシャルな存在であり、攻撃姿勢でチームを引っ張る姿は唯一無二です。

           

           

          まだ凋落が決まったわけではありません。

          運命の時は刻一刻と近づいてきていますが、一度は栄光をつかんだなでしこなのです。

           

           

          王者の感覚を知っている分、まだその味を思い出すことはできるはず。

          再チェックのニュージーランド戦も中止となり、テスト機会は再び限られましたが、その分醸成できることもあるはずです。

           

           

          「拍手することはできない」とJFA上層部に言われた今大会の評価を本番でどのように覆すか。

          なでしこの底力はこんなものではないと強く信じています。

           

           

           

          なでしこ シービリーブスカップ-11.jpg

           

          Caldacasaでは、TOKYO2020を控えるU-23なでしこJAPAN4年前の雪辱を期すSAMURAI FIVEQATAR2022でのリベンジを見据えるSAMURAI BLUEを全力で応援!

           

          未来の日本代表戦士を支える応援アイテムを数多く取り揃えております。

          是非ご覧になってください!

           

           

           

          2020-WINTER-SPRING-SALE.jpg

           

          2020 WINTER-SPRING SALE」も同時開催中!

          3/22(日)までのご購入で表示価格より10%OFFです!

           

           

           

          たとえば・・・

           

          UN2019-5-1.jpg

           

          【 【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON 映画「ドーハ1993+」Tシャツ 】

           

           

           

          型番 UN2019-05




          販売価格 4,400 円(税込み、10%)

           

          3/22(日)までのお買い上げで、さらに10%OFF! → 3,960 円(税込)

               



          【サイズ】
          【着丈:身幅】(cm)
          M 70:52
          L 74:55
          XL 78:58


          【素材】
          綿100


          【カラー】
          ブルー

           

           

          thumbnail_UN2019-2-1.jpg

           

          【 【日本代表応援ポロシャツ】 CORAZON ULTRAS ポロシャツ 】

           

           

           

          型番 UN2019-2

           

           

           

          販売価格 4,950 円 → 3,465 円(税込、10%)

           

          3/22(日)までのお買い上げで、さらに10%OFF! → 3,118 円(税込)


          【サイズ】
          【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
          S 64:46:22
          M 68:50:23
          L 71:54:23
          XL 75:58:24

          【素材】
          コットン60%、ポリエステル40

          【カラー】
          ネイビー、グレー

           

           

          UN2019-3-1.jpg

           

          【 【日本代表応援パーカー】 CORAZON ULTRAS2019ZIPパーカー 】

           

           

           

          型番 UN2019-3

           

           

           

          【販売価格】
          7,700 円(税込、10%)

           

          3/22(日)までのお買い上げで、さらに10%OFF! → 6,930 円(税込)



          【サイズ】
          【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
          S 62:52:57
          M 66:55:60
          L 70:58:61
          XL 75:63:62

          【素材】
          コットン52%、ポリエステル48
          ※裏起毛付きで保温性に優れております。

          【カラー】
          ロイヤルブルー

           

           

          UN2017-1-1.jpg

           

          【  【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON RUSSIA2018出場記念Tシャツ 】

           

           

           

          型番 UN2017-01



          販売価格 3,565 円 → 1,070 円(税込、10%)

          70%OFF!

           

          3/22(日)までのお買い上げで、さらに10%OFF! → 963 円(税込)

           

           

          UN2017-2-1.jpg

           

          【 【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON 威風堂堂 Tシャツ 】

           

           

           

          型番 UN2017-02



          販売価格 4,176 円 → 1,253 円(税込、10%)

          70%OFF!

           

          3/22(日)までのお買い上げで、さらに10%OFF! → 1,128 円(税込)

           

           

          UN2019-7-5.jpg

           

          【 【日本代表応援マフラー】 CORAZON ULTRAS QATAR2022 スカーフマフラー 】

           

           

           

          型番 UN2019-07

           

           

           

          販売価格 3,300 円(税込み)

           

          3/22(日)までのお買い上げで、さらに10%OFF! → 2,970 円(税込)

           

           

          【サイズ】
          横幅150僉⊇追17

          【素材】
          ポリエステル65%、コットン35%


          ※スカーフというネーミングではありますが、ペラペラとした素材ではなく、しっかりとした作りになっており、引っ掛かりにくい織り方をしております。

           

           

          UN2019-8-1.jpg

           

          【 【日本代表応援パーカー】 CORAZON ULTRAS×CORAZONパーカー 】

           

           

           

          型番 UN2019-08

           

           

           

          販売価格 6,600 円(税込)

           

          3/22(日)までのお買い上げで、さらに10%OFF! → 5,940 円(税込)

           

           

          【サイズ】
          【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
          S 62:52:44:57
          M 66:55:48:60
          L 70:58:52:61
          XL 75:63:55:62

          【素材】
          コットン52%、ポリエステル48

          【カラー】
          ブルー



          日本代表 7.JPG

          日本代表 6.JPG

          日本代表 5.JPG 

          日本代表 4.JPG

          日本代表 3.JPG

          日本代表 2.JPG


          日本代表観戦にもってこいです!



          UN2018-1-8.jpg


          ULTRAS商品は、 
          こちら  から!

           

           

           

           

           

           

           

           

          それではよい花金を!

           

          Adios♪


          なでしこジャパン いよいよ本日3/6(金)(日本時間)から、TOKYO2020前の最後の国際大会であるシービリーブスカップに参戦!

          0

            Hola!

             

             

             

             

            店主です☆

             

             

             

             

             

            昨日と同じく晴れ渡る青空に冷たい空気。

            この季節特有の「春晴れ」となっています。

             

             

            なでしこ シービリーブスカップ-5.jpg

             

            さて、我らがなでしこJAPAN

            アジア欧州諸国が軒並み国際試合を「無観客化」「延期」する中で、「唯一」コロナウイルスの被害をあまり受けていないともいえるメリフロリダオーランドで行われる「シービリーブスカップ」に臨みます。

             

             

            昨年初参加を果たし、成績は4チーム中の3位。

            結果から先に言えば振るわないものだったかもしれませんが、最後の最後で引き分けに持ち込んだアメリカ戦の激闘は記憶に新しく、ブラジル相手にはきっちりと白星を収めました。

             

             

            イングランドに敗れ、優勝を逃し3位という結果に終わりましたが、国際舞台において「Nadeshiko、ここに在り!」をアピールするに十分だったことは確かです。

             

             

            しかし、FRANCE2019で状況は一変。

            ベスト16敗戦以上に大きな衝撃を受けることになりました。

             

             

            なでしこ シービリーブスカップ-4.jpg

             

            特に欧州諸国が大々的にウーメンフットボールをSNSなどを使って発信し続けた中で取り巻く環境が変わり、日本は置いてけぼりを喰らった結果となりました。

             

             

            籾木結花選手(日テレ・ベレーザ)や永里優季選手(シカゴレッドスターズ=メリ)がSNSで述べていたように、女子サッカーを取り巻く環境が激変したのが昨年のW杯であり、アメリカやフランスといった強豪国は、ここで女子フットボールの地位を飛躍的に高め、認知度と競技人口の拡大に成功。

             

             

            大手スポーツメーカーをも巻き込んだ戦略は大成功となり、その波にうまく乗った国々が好成績を収める結果となりました。

            女子フットボールの歴史を紐解いても、最大の変革と言ってもよい2019年でした。

             

             

            気づけば9年前と8年前の栄光から停滞傾向にある我らがなでしこJAPAN。

            停滞から転落するか再浮上するかの瀬戸際であるのが現状です。

             

             

            なでしこ シービリーブスカップ-3.jpg

             

            他国を見ていると環境という部分から差がついてきていることは確実で、その差を埋められるチャンスが今大会でもあります。

            昨年味わった大いなる失望感をプラスに持っていけてるのかどうか。

             

             

            昨年末の東アジア選手権では4大会ぶりに覇権を奪回し、意気揚々とアメリカ大陸へ乗り込んでいるはずです。

            東アジア選手権の優勝劇は本当に大きなものであり、なでしこ復権に向けて大きな弾みとなっています。

             

             

            その弾みをさらに大きくできるか、それともまた出直しを図られるか。

            9年前、8年前の栄光を肌で知るメンバーが年々いなくなる中、新しい世代にどこまでなでしこイズムは受け継がれているか。

             

             

            このイズムなしでは、世界と対等に渡り合うことはできません。

            9年という時は確かに長いですが、その頃若手として先輩たちについていった二人である熊谷紗希選手(=ラン)、岩渕真奈選手()という存在は非常に心強いもの。

             

             

            なでしこ シービリーブスカップ-1.jpg

             

            ただ、この二人におんぶにだっこという状況からいかに脱却できるかでしょう。

            中島依美選手()の貢献度も長年にわたって大きなものとなってきましたが、今大会でこの3人に代わる次期リーダー候補が現れるかどうかです。

             

             

            、ロンドンでの栄光以後、次期ニュースター候補と言える選手たちはたくさん出てきています。

            代表レベルにも上り詰めています。

             

             

            前任者である澤穂希選手や宮間あや選手が偉大過ぎる点も確かにあります。

            ハードルは限りなく高いですが、目指してほしいのはこの二人です。

             

             

            ニュースター候補が颯爽と国際デビューを果たした時、もう5年近く続く停滞ムード脱出からの光が見えてくるはずです。

            今大会は結果ももちろんですが、リーダー候補の出現にも期待したいところです!

             

             

            なでしこ シービリーブスカップ-2.jpg

             

            VAMOS!!! NADESHIKO!!!

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            Caldacasaでは、TOKYO2020を控えるU-23なでしこJAPAN4年前の雪辱を期すSAMURAI FIVEQATAR2022でのリベンジを見据えるSAMURAI BLUEを全力で応援!

             

            未来の日本代表戦士を支える応援アイテムを数多く取り揃えております。

            是非ご覧になってください!

             

             

             

            2020-WINTER-SPRING-SALE.jpg

             

            2020 WINTER-SPRING SALE」も同時開催中!

            3/22(日)までのご購入で表示価格より10%OFFです!

             

             

             

            たとえば・・・

             

            UN2019-5-1.jpg

             

            【 【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON 映画「ドーハ1993+」Tシャツ 】

             

             

             

            型番 UN2019-05




            販売価格 4,400 円(税込み、10%)

             

            3/22(日)までのお買い上げで、さらに10%OFF! → 3,960 円(税込)

                 



            【サイズ】
            【着丈:身幅】(cm)
            M 70:52
            L 74:55
            XL 78:58


            【素材】
            綿100


            【カラー】
            ブルー

             

             

            thumbnail_UN2019-2-1.jpg

             

            【 【日本代表応援ポロシャツ】 CORAZON ULTRAS ポロシャツ 】

             

             

             

            型番 UN2019-2

             

             

             

            販売価格 4,950 円 → 3,465 円(税込、10%)

             

            3/22(日)までのお買い上げで、さらに10%OFF! → 3,118 円(税込)


            【サイズ】
            【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
            S 64:46:22
            M 68:50:23
            L 71:54:23
            XL 75:58:24

            【素材】
            コットン60%、ポリエステル40

            【カラー】
            ネイビー、グレー

             

             

            UN2019-3-1.jpg

             

            【 【日本代表応援パーカー】 CORAZON ULTRAS2019ZIPパーカー 】

             

             

             

            型番 UN2019-3

             

             

             

            【販売価格】
            7,700 円(税込、10%)

             

            3/22(日)までのお買い上げで、さらに10%OFF! → 6,930 円(税込)



            【サイズ】
            【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
            S 62:52:57
            M 66:55:60
            L 70:58:61
            XL 75:63:62

            【素材】
            コットン52%、ポリエステル48%
            ※裏起毛付きで保温性に優れております。

            【カラー】
            ロイヤルブルー

             

             

            UN2017-1-1.jpg

             

            【  【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON RUSSIA2018出場記念Tシャツ 】

             

             

             

            型番 UN2017-01



            販売価格 3,565 円 → 1,070 円(税込、10%)

            70%OFF!

             

            3/22(日)までのお買い上げで、さらに10%OFF! → 963 円(税込)

             

             

            UN2017-2-1.jpg

             

            【 【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON 威風堂堂 Tシャツ 】

             

             

             

            型番 UN2017-02



            販売価格 4,176 円 → 1,253 円(税込、10%)

            70%OFF!

             

            3/22(日)までのお買い上げで、さらに10%OFF! → 1,128 円(税込)

             

             

            UN2019-7-5.jpg

             

            【 【日本代表応援マフラー】 CORAZON ULTRAS QATAR2022 スカーフマフラー 】

             

             

             

            型番 UN2019-07

             

             

             

            販売価格 3,300 円(税込み)

             

            3/22(日)までのお買い上げで、さらに10%OFF! → 2,970 円(税込)

             

             

            【サイズ】
            横幅150僉⊇追17

            【素材】
            ポリエステル65%、コットン35%


            ※スカーフというネーミングではありますが、ペラペラとした素材ではなく、しっかりとした作りになっており、引っ掛かりにくい織り方をしております。

             

             

            UN2019-8-1.jpg

             

            【 【日本代表応援パーカー】 CORAZON ULTRAS×CORAZONパーカー 】

             

             

             

            型番 UN2019-08

             

             

             

            販売価格 6,600 円(税込)

             

            3/22(日)までのお買い上げで、さらに10%OFF! → 5,940 円(税込)

             

             

            【サイズ】
            【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
            S 62:52:44:57
            M 66:55:48:60
            L 70:58:52:61
            XL 75:63:55:62

            【素材】
            コットン52%、ポリエステル48

            【カラー】
            ブルー



            日本代表 7.JPG

            日本代表 6.JPG

            日本代表 5.JPG 

            日本代表 4.JPG

            日本代表 3.JPG

            日本代表 2.JPG


            日本代表観戦にもってこいです!



            UN2018-1-8.jpg


            ULTRAS商品は、
             こちら  から!

             

             

             

             

             

             

             

             

            それではよい花金を!

             

            Adios♪


            SAMURAI FIVE 札幌でのパラグアイとのアジア選手権前哨戦は、最後まで攻めの姿勢を貫くもブザービーターで敗れる。

            0

              Hola!

               

               

               

               

              店主です☆

               

               

               

               

               

              我らがベルマーレのリーグ戦初陣はやや残念なものとなりました。

              しかし手ごたえと希望もあるので、次につなげていきましょう。

               

               

              SAMURAI FIVE パラグアイ戦-4.jpg

               

              我らがサムライファイブ

              一昨日は、アジア選手権に向けた前哨戦の国際親善試合となったパラアイ戦でした。

               

               

              北海道札幌きたえーるでの開催となったこのゲームは3,500人弱の観衆が見守りました。

              ほぼ満席となった中で、サムライファイブは序盤から躍動と行きたかったところですが、開始23分と連続失点。

               

               

              最後まで対等に渡り合っただけに、この序盤での連続失点が試合の趨勢を大きく決めてしまったところがあります。

              パラグアイのメンタリティーとして連想されるのは、南米ながらも泥臭く辛抱強く守り抜く姿勢。

               

               

              映像を見ても、サッカーとフットサルに共通するメンタリティだったことは確かで、同点に追いつかれても決して焦らずに試合を進めていました。

               

               

              SAMURAI FIVE パラグアイ戦-5.jpg

               

              ビーチサッカーワールドカップにおいてもこの点は共通点として存在するようです。

              そのパラグアイのメンタリティーの前に屈する形となりました。

               

               

              しかし、最後は皆本晃選手(立川・府中)をゴレイロに据えてのパワープレー返しから喫したもの。

              敢えて「勝ちに行く」姿勢を見せての失敗なので、エクスキューズは充分にあるでしょう。

               

               

              追い詰められた状況化における本番までのテストと解釈すれば、納得のいくシチュエーション。

              間もなく始まるアジア選手権ではこのような「パワープレー」がないことを祈るばかり。

               

               

              序盤の連続失点以外のシーンは及第点も多く、アジアを戦うレベルには十二分なものでした。

              札幌の方々の力強い後押しもあり、同点にすることに成功。

               

               

              SAMURAI FIVE パラグアイ戦-6.jpg

               

              久々の北海道凱旋となった関口優志選手()、篠田龍馬選手()の名古屋ゴレイロコンビも安定感を見せ、本当に残念なのは序盤の「二つ」だけでした。

               

               

              試合の入りが命取りになりかねないアジア選手権。

              その教訓をつかめただけでも大きな収穫です。

               

               

              皆本選手の追撃弾や、𠮷川智貴選手()のさすがともいえる同点弾はやはり日本のフットサル界が世界と渡り合えることの証拠。

               

               

              逆転できるチャンスもあっただけにひっくり返せなかったところは悔しい部分。

              超決定機をふかしてしまった、こちらも凱旋の室田祐希選手(田)は悔しさの残る夜となってしまったようです。

               

               

              SAMURAI FIVE パラグアイ戦-2.jpg

               

              迷信ではありますが、フットサルは年を経れば経るほど、試合の機微が分かり守備がうまくなるという伝えがあります。

              今回もそのようなメンバー構成となりそうです。

               

               

              ここに海外組である数選手が加わるはずです。

              4年前の蹉跌を経験している選手も数多くいます。

               

               

              大切なのは出場権を獲得し、4年前の苦い記憶を塗り替えて新たな歴史を作ること。

              この4年間、観客数の減少、リーグ戦の開催縮小と暗い話題ばかりが目立ってしまったFリーグを中心としたフットサル界。

               

               

              今回ばかりは本当に失敗は許されない状況となります。

              どんな時でも過信することなくおごることなく戦い抜くことができるかどうか。

               

               

               

              SAMURAI FIVE パラグアイ戦-3.jpg

               

              過信と驕ることの怖さを日本に教えたのが現在の監督であるブルーノ・ガルシア・フォルモーゾ監督です。

              ベトナム代表の諦めない心と愚直な精神が、世紀のジャイアントキリングを演出し、ベトナムフットサル界に大きな栄光をもたらしました。

               

               

              そのブルーノ・ガルシア監督の3年半の総決算がいよいよ始まります。

              まずは初心に帰ること。

               

               

              どんな時も驕り高ぶらずに謙虚でいること。

              この姿勢さえ貫ければ8年ぶりの世界は自ずと見えてくるはずです!

               

               

              開催時期こそコロナウイルスの影響で未定となってしまいましたが、その分ブラッシュアップにさらなる時間がプラスされました。

              もっと強くなって、世界への挑戦権を奪いに行きましょう!

               

               

               

              SAMURAI FIVE パラグアイ戦-1.jpg

               

              Caldacasaでは、TOKYO2020を控えるU-23なでしこJAPAN4年前の雪辱を期すSAMURAI FIVEQATAR2022でのリベンジを見据えるSAMURAI BLUEを全力で応援!

               

              未来の日本代表戦士を支える応援アイテムを数多く取り揃えております。

              是非ご覧になってください!

               

               

              たとえば・・・

               

              UN2019-5-1.jpg

               

              【 【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON 映画「ドーハ1993+」Tシャツ 】

               

               

               

              型番 UN2019-05




              販売価格 4,400 円(税込み、10%)

               

              3/22(日)までのお買い上げで10%OFF! → 3,960 円

                   



              【サイズ】
              【着丈:身幅】(cm)
              M 70:52
              L 74:55
              XL 78:58


              【素材】
              綿100%


              【カラー】
              ブルー

               

               

              thumbnail_UN2019-2-1.jpg

               

              【 【日本代表応援ポロシャツ】 CORAZON ULTRAS ポロシャツ 】

               

               

               

              型番 UN2019-2

               

               

               

              販売価格 4,950 円(税込、10%)


              3/22(日)までのお買い上げで10%OFF! → 4,455 円

              【サイズ】
              【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
              S 64:46:22
              M 68:50:23
              L 71:54:23
              XL 75:58:24

              【素材】
              コットン60%、ポリエステル40

              【カラー】
              ネイビー、グレー

               

               

              UN2019-3-1.jpg

               

              【 【日本代表応援パーカー】 CORAZON ULTRAS2019ZIPパーカー 】

               

               

               

              型番 UN2019-3

               

               

               

              【販売価格】
              7,700 円(税込、10%)

               

              3/22(日)までのお買い上げで10%OFF! → 6,930 円



              【サイズ】
              【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
              S 62:52:57
              M 66:55:60
              L 70:58:61
              XL 75:63:62

              【素材】
              コットン52%、ポリエステル48
              ※裏起毛付きで保温性に優れております。

              【カラー】
              ロイヤルブルー

               

               

              UN2017-1-1.jpg

               

              【  【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON RUSSIA2018出場記念Tシャツ 】

               

               

               

              型番 UN2017-01



              販売価格 3,565 円 → 1,783 円(税込、10%)

              50%OFF!

               

              3/22(日)までのお買い上げで10%OFF! → 1,605 円

               

               

              UN2017-2-1.jpg

               

              【 【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON 威風堂堂 Tシャツ 】

               

               

               

              型番 UN2017-02



              販売価格 4,176 円 → 2,088 円(税込、10%)

              50%OFF!

               

              3/22(日)までのお買い上げでさらに10%OFF! → 1,879 円

               

               

               

              UN2019-7-5.jpg

               

              【 【日本代表応援マフラー】 CORAZON ULTRAS QATAR2022 スカーフマフラー 】

               

               

               

              型番 UN2019-07

               

               

               

              販売価格 3,300 円(税込み)

               

              3/22(日)までのお買い上げで10%OFF! → 2,970 円

               

              【サイズ】
              横幅150僉⊇追17

              【素材】
              ポリエステル65%、コットン35%


              ※スカーフというネーミングではありますが、ペラペラとした素材ではなく、しっかりとした作りになっており、引っ掛かりにくい織り方をしております。

               

               

              UN2019-8-1.jpg

               

              【 【日本代表応援パーカー】 CORAZON ULTRAS×CORAZONパーカー 】

               

               

               

              型番 UN2019-08

               

               

               

              販売価格 6,600 円(税込)

               

              3/22(日)までのお買い上げで10%OFF! → 5,940 円

               

               

              【サイズ】
              【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
              S 62:52:44:57
              M 66:55:48:60
              L 70:58:52:61
              XL 75:63:55:62

              【素材】
              コットン52%、ポリエステル48

              【カラー】
              ブルー



              日本代表 7.JPG

              日本代表 6.JPG

              日本代表 5.JPG 

              日本代表 4.JPG

              日本代表 3.JPG

              日本代表 2.JPG


              日本代表観戦にもってこいです!



              UN2018-1-8.jpg


              ULTRAS商品は、 
              こちら  から!

               

               

               

               

               

               

               

               

              それでは今日はこの辺で!

              おやすみなさい☆

               

              Adios♪


              U-23 SAMURAI BLUE U-23アジア選手権の第3戦は、カタール相手に一人少ない状況で先制も、直後にPK献上で追いつかれ、勝ち点1を分け合う結果に。

              0

                Hola!

                 

                 

                 

                 

                店主です☆

                 

                 

                 

                 

                 

                週末はグッと冷え込みそうです。

                雪もちらつくとのことなので、足元対策も十分にしていきましょう。

                 

                 

                U-23 SAMURAI BLUE アジア選手権 カタール戦-3.jpg

                 

                我らがヤングサムライブルー

                「日本の意地を最後に魅せつける!」

                 

                 

                強い信念をもって挑んだ、U-23 アジア選手権 グループリーグの最終節でしたが、前半の最後に微妙な判定でVAR審議となり田中碧選手(崎)が一発退場。

                 

                 

                後半は10人での戦いを余儀なくされる非常に苦しい展開となりました。

                「中東の笛だ!」「なぜ主審は映像を見て最終判断を下さないんだ!」という、明らかに不可解な点はありました。

                 

                 

                それでも、やはり3戦目に次のステージへ可能性を残しているチームと残していないチームとでは印象が全く違います。

                日本はどこかで「弱者」と見られていたのかもしれません。

                 

                 

                U-23 SAMURAI BLUE アジア選手権 カタール戦-5.jpg

                 

                アジアの舞台で「足元を見られた」感覚がするのは実に20年ぶり以上でしょう。

                これは黎明期へ移る前の感覚。

                 

                 

                偉大なる先輩たちは、このような理不尽さを多少は乗り越えてきたはずです。

                今回はVAR制度に泣かされた部分はあります。

                 

                 

                今までであれば、シリア戦のハンドもおそらくは見逃されたことでしょうし、田中(碧)選手のファウルも不問として流されていたはずです。

                 

                 

                つまり、少し違ったスポーツに様変わりしたとも取れます。

                そこへの対応をどのようにしていくか。

                 

                 

                U-23 SAMURAI BLUE アジア選手権 カタール戦-4.jpg

                 

                田中(碧)選手の退場を受け、旗手怜央選手(崎)に代わって後半から出場となった我らが齊藤未月選手()

                齊藤選手はこの日も抜群のアプローチ力と運動量で二人分の動きを難なくこなし、一人少ないことを感じさせませんでした。

                 

                 

                「今大会で自分の特徴は皆に分かってもらえたと思う。」とある程度の手ごたえを口にし、またVARによって与えてしまったPKに関しては「文句は言えない。」とあくまで自身のプレーを省みる姿勢も確かな人間性を感じさせてくれます。

                 

                 

                今大会では「出色」のアピールと働きバチぶりを披露したところで存在感は高まりましたが、シリア戦の決勝点となってしまったカウンターの起点でのかわされ方や、与えてしまったPKのシーンを首脳陣がどのように評価を下すか。

                 

                 

                多くの日本人が好む「古き良きダイナモ」というイメージで、どこまでも走り続ける姿勢は日本人の心に響きやすいところがあります。

                 

                 

                U-23 SAMURAI BLUE アジア選手権 カタール戦-2.jpg

                 

                たとえ一人少なくても、VARで不利な状況にされようとも、一振りで劣勢を脱却した小川航基選手()にストライカーの神髄を見ました。

                 

                 

                磐田でさび付きつつあった感覚をで取り戻し、11月のコロビア戦から復調。

                年末の東アジア選手権でも結果を残すなど、着実にステップアップを遂げている感はあります。

                 

                 

                DFに当たってコースが変わった得点ではありましたが、まさに魂の一振りでした。

                最終盤は、前線から皆に「落ち着け!」と身振り手振りを交えたジェスチャーでチームを引っ張る一面も。

                 

                 

                水戸で一皮むけ、古巣の磐田で舞台はJ2ながらもTOKYO2020のメンバー入りを狙う小川選手。

                スタイリッシュなイメージから、魂のこもった泥臭いストライカーへと変貌を遂げつつあります。

                 

                 

                U-23 SAMURAI BLUE アジア選手権 カタール戦-1.jpg

                 

                アジア連覇を狙い、意気揚々とTOKYO2020へ臨むはずだった今大会は予想だにしなかった1分け2敗という成績での地を去ることとなりました。

                 

                 

                当然のことながら森保一監督に対する風向きは非常に強いものとなっています。

                しかし、協会が続投を要請した以上、現体制を信じることしかできません。

                 

                 

                アジアで勝てなかったことは確かに屈辱ですが、それよりも何よりもピーキングを7月下旬に持ってくることができるかどうか。

                U-23監督の腕の見せ所はこの一点に尽きます。

                 

                 

                どれだけその前に勝とうがアジア連覇しようが、TOKYO2020という自国開催での結果に比べれば今回は小さなものなのです。

                言い方は乱暴かつ失礼なものだとは思います。

                 

                 

                「本番じゃないから」という言葉も捉え方ひとつで違ってきます。

                自国大会の「本番」は他の大会の本番と比べるとはるかに価値が違うものなのです。

                 

                 

                まずは昨日の引き分けが、TOKYO2020へ続く道であることを信じて。

                必ず紡いでいかなくてはなりません。

                 

                 

                 

                U-23 SAMURAI BLUE アジア選手権 カタール戦-6.jpg

                 

                Caldacasaでは、TOKYO2020を控えるU-23なでしこJAPAN4年前の雪辱を期すSAMURAI FIVEQATAR2022でのリベンジを見据えるSAMURAI BLUEを全力で応援!

                 

                未来の日本代表戦士を支える応援アイテムを数多く取り揃えております。

                是非ご覧になってください!

                 

                 

                たとえば・・・

                 

                UN2019-5-1.jpg

                 

                【 【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON 映画「ドーハ1993+」Tシャツ 】

                 

                 

                 

                型番 UN2019-05




                販売価格 4,400 円(税込み、10%)

                     



                【サイズ】
                【着丈:身幅】(cm)
                M 70:52
                L 74:55
                XL 78:58


                【素材】
                綿100


                【カラー】
                ブルー

                 

                 

                thumbnail_UN2019-2-1.jpg

                 

                【 【日本代表応援ポロシャツ】 CORAZON ULTRAS ポロシャツ 】

                 

                 

                 

                型番 UN2019-2

                 

                 

                 

                販売価格 4,950 円(税込、10%)




                【サイズ】
                【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
                S 64:46:22
                M 68:50:23
                L 71:54:23
                XL 75:58:24

                【素材】
                コットン60%、ポリエステル40

                【カラー】
                ネイビー、グレー

                 

                 

                UN2019-3-1.jpg

                 

                【 【日本代表応援パーカー】 CORAZON ULTRAS2019ZIPパーカー 】

                 

                 

                 

                型番 UN2019-3

                 

                 

                 

                【販売価格】
                7,700 円(税込、10%)



                【サイズ】
                【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
                S 62:52:57
                M 66:55:60
                L 70:58:61
                XL 75:63:62

                【素材】
                コットン52%、ポリエステル48
                ※裏起毛付きで保温性に優れております。

                【カラー】
                ロイヤルブルー

                 

                 

                UN2017-1-1.jpg

                 

                【  【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON RUSSIA2018出場記念Tシャツ 】

                 

                 

                 

                型番 UN2017-01



                販売価格 3,565 円 → 1,783 円(税込、10%)

                50%OFF!

                 

                 

                UN2017-2-1.jpg

                 

                【 【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON 威風堂堂 Tシャツ 】

                 

                 

                 

                型番 UN2017-02



                販売価格 4,176 円 → 2,088 円(税込、10%)

                50%OFF!

                 

                 

                 

                UN2019-7-5.jpg

                 

                【 【日本代表応援マフラー】 CORAZON ULTRAS QATAR2022 スカーフマフラー 】

                 

                 

                 

                型番 UN2019-07

                 

                 

                 

                販売価格 3,300 円(税込み)

                 

                 

                【サイズ】
                横幅150僉⊇追17

                【素材】
                ポリエステル65%、コットン35%


                ※スカーフというネーミングではありますが、ペラペラとした素材ではなく、しっかりとした作りになっており、引っ掛かりにくい織り方をしております。

                 

                 

                UN2019-8-1.jpg

                 

                【 【日本代表応援パーカー】 CORAZON ULTRAS×CORAZONパーカー 】

                 

                 

                 

                型番 UN2019-08

                 

                 

                 

                販売価格 6,600 円(税込)

                 

                 

                【サイズ】
                【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
                S 62:52:44:57
                M 66:55:48:60
                L 70:58:52:61
                XL 75:63:55:62

                【素材】
                コットン52%、ポリエステル48

                【カラー】
                ブルー



                日本代表 7.JPG

                日本代表 6.JPG

                日本代表 5.JPG 

                日本代表 4.JPG

                日本代表 3.JPG

                日本代表 2.JPG


                日本代表観戦にもってこいです!



                UN2018-1-8.jpg


                ULTRAS商品は、
                 こちら  から!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                それでは今日はこの辺で!

                おやすみなさい☆

                 

                Adios♪


                U-23 SAMURAI BLUE U-23アジア選手権の第2戦は、シリア相手に終盤に致命的な勝ち越し点を献上し、信じがたいグループリーグ敗退決定に。

                0

                  Hola!

                   

                   

                   

                   

                  店主です☆

                   

                   

                   

                   

                   

                  新成人の皆さん、本日は誠におめでとうございました。

                  皆さんの約2倍生きている小生が言えることではありませんが、大人を楽しんでくださいね!

                   

                   

                  SAMURAI BLUE U-23アジア選手権 シリア戦-4.jpg

                   

                  我らがヤングサムライブルー

                  多くの方がご存知の通り、あってはならないことが起こってしまいました。

                   

                   

                  負ければグループリーグ敗退が決まる、U-23アジア選手権のグループリーグ第2戦。

                  シリアとの一戦は、この日も最後まで歯車がかみ合わず、気を吐く選手と気持ちが前面に現れない選手の二極化が起きてしまった状態。

                   

                   

                  全員の個性がうまく融合することなく過ぎた90分プラスアルファから得たものは、7か月後への焦燥と大いなる不安の二点のみでした。

                   

                   

                  開始早々にVARでの判定修正という点はありましたが、PKを献上して先制点を奪われると、この日も左サイドからの切れ込みでしかゴールを予感させない攻撃。

                   

                   

                  SAMURAI BLUE U-23アジア選手権 シリア戦-3.jpg

                   

                  圧倒的に試合を支配しながらも、最後の一手は届かず、ここはシリア代表がおそらくはサウジアラビア戦を見て、細かに研究していたものだと感じます。

                   

                   

                  試合を支配していても、11人の個性の融合なしでは、ゴールという最終目的地にたどり着くことはできません。

                  この日、最後までギアを落とさずに獅子奮迅していたのは「産」ともいえる相馬勇紀選手()と齊藤未月選手()のみでした。

                   

                   

                  相馬選手はおそらく18人入りが有力でしょう。

                  何のも問題もなければ、おそらくはエントリーしてくるはずです。

                   

                   

                  森保一監督も全幅の信頼を寄せているとおり、相馬選手がいる際の左サイドアタックは「戦術相馬」と呼ばれるほどの依存度があります。

                   

                   

                  SAMURAI BLUE U-23アジア選手権 シリア戦-1.jpg

                   

                  試合後にはいつもの柔和な表情からは一転、ぎらついた眼で現状への思いの丈を話し、危機感をあらわにしました。

                  相馬選手、世間的にはあまり知られていませんが、早稲田大学(関東リーグ1部)時代は主にベルマーレの練習場である平塚は馬入河川敷へ、練習生として長らく通っていました。

                   

                   

                  ベルマーレとの契約には至りませんでしたが、大学3年時にはベトナムで行われたBTVカップ優勝の立役者の一人として攻撃をリード。

                   

                   

                  まさしくチョウ・キジェ前監督が築き上げた「湘南イズム」が宿っている選手でもあります。

                  湘南の選手の特徴として、熱い頭ながらも心はクールに理知的に試合を振り返り分析できる選手が多いという強みが確かにあります。

                   

                   

                  これは遠藤航選手(シュトゥットガルト=ド)から脈々と受け継がれている系統であり、育成組織での人間教育を主眼に置いたことの結果の一つでしょう。

                   

                   

                  SAMURAI BLUE U-23アジア選手権 シリア戦-6.jpg

                   

                  奇しくもこの試合で「輝いた」二人、もう一人の我らが齊藤選手も、この遠藤選手の系統をしっかりと受け継ぐ、湘南育成組織が生み出した「傑物」です。

                   

                   

                  「日本を代表して戦っているのに申し訳ない」「恥ずかしい」と相馬選手と同じく、思いの丈を余すことなく発言し、勝負へ対する姿勢と試合後の振る舞いは日本のフットボールファンから大きな称賛を受けました。

                   

                   

                  この齊藤選手と相馬選手の思いを汲み取って、この二人に続こうとする選手やスタッフがどれだけいたのか。

                  まずそのことを思わずにはいられません。

                   

                   

                  表情を変えずに試合後も気丈にコメントをしていた森保監督。

                  相当にプレッシャーはあることでしょう。

                   

                   

                  SAMURAI BLUE U-23アジア選手権 シリア戦-5.jpg

                   

                  しかしそこには熱という熱はあまり感じられず、自分が責任をすべて背負い込むような発言がなかったことも残念なところでした。

                  森保監督に退陣しろと言っているわけではありませんが、このような結果を受けて、何かしらの責任を背負い込む覚悟を聞きたかったのが本音です。

                   

                   

                  SNS上では本田圭佑選手が「まだ本番まで7か月だから。批判してもいいけど代替案を挙げないと。」というコメントで議論が起こっているとおり、緊急事態であることに違いはありません。

                   

                   

                  今回、欧州組は食野亮太郎選手(ハーツ=スコットランド)以外全員不参加でしたが、堂安律選手(PSV=ラン)も「本番で見返してやろう!」と発言したとおりに、試合に出られない忸怩たる思いはあったはずです。

                   

                   

                  事実上の18人入りが決まっている選手が約半数いない中でのコンディション維持の難しさ、J1の佳境スケジュールによる選手選考の一貫性の維持の難儀さ、そして何よりも「這い上がる」モチベーションの維持の難しさは多分にあり、準備期間も短い中、他国に比べて特殊な状況にあったとは思います。

                   

                   

                  それでも日本は層の厚さを他国に魅せつけるために、やはり勝ち続けなくてはいけないのです。

                  個人技やポテンシャルなどは、やはりサウジアラビアやシリアよりも上で、やり方ひとつで試合結果はおそらく全く違うものでした。

                   

                   

                  7か月後に残したこれ以上ない不安と屈辱。

                  それでももう明後日には試合がやってきます。

                   

                   

                  カタールとのグループリーグ最終戦は、この大会では「消化試合」ですが、7か月後を考えるととてもそんなことでは片づけられない大切な試合です。

                   

                   

                  買って少しでも爪痕を残して、バンコクの地を去るか、それとも何もできずにおめおめとスワンナプームで出国手続きを行うことになるのか。

                   

                   

                  当然成し遂げなくてはならないのは前者。

                  TOKYO2020への架け橋は崩れ落ちてはいません。

                   

                   

                  明後日結果を残すことで、新たなる一歩を力強く踏み出す姿を。

                  金メダルよりもまず重要なのは、一つ下の年代で、一年前の「リベンジ」をしっかりと果たすことです。

                   

                   

                   

                  SAMURAI BLUE U-23アジア選手権 シリア戦-2.jpg

                   

                  Caldacasaでは、TOKYO2020を控えるU-22なでしこJAPAN4年前の雪辱を期すSAMURAI FIVEQATAR2022でのリベンジを見据えるSAMURAI BLUEを全力で応援!

                   

                  未来の日本代表戦士を支える応援アイテムを数多く取り揃えております。

                  是非ご覧になってください!

                   

                   

                  たとえば・・・

                   

                   

                  UN2019-5-1.jpg

                   

                  【 【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON 映画「ドーハ1993+」Tシャツ 】

                   

                   

                   

                  型番 UN2019-05




                  販売価格 4,400 円(税込み、10%)

                       



                  【サイズ】
                  【着丈:身幅】(cm)
                  M 70:52
                  L 74:55
                  XL 78:58


                  【素材】
                  綿100


                  【カラー】
                  ブルー

                   

                   

                  thumbnail_UN2019-2-1.jpg

                   

                  【 【日本代表応援ポロシャツ】 CORAZON ULTRAS ポロシャツ 】

                   

                   

                   

                  型番 UN2019-2

                   

                   

                   

                  販売価格 4,950 円(税込、10%)




                  【サイズ】
                  【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
                  S 64:46:22
                  M 68:50:23
                  L 71:54:23
                  XL 75:58:24

                  【素材】
                  コットン60%、ポリエステル40

                  【カラー】
                  ネイビー、グレー

                   

                   

                  UN2019-3-1.jpg

                   

                  【 【日本代表応援パーカー】 CORAZON ULTRAS2019ZIPパーカー 】

                   

                   

                   

                  型番 UN2019-3

                   

                   

                   

                  【販売価格】
                  7,700 円(税込、10%)



                  【サイズ】
                  【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
                  S 62:52:57
                  M 66:55:60
                  L 70:58:61
                  XL 75:63:62

                  【素材】
                  コットン52%、ポリエステル48
                  ※裏起毛付きで保温性に優れております。

                  【カラー】
                  ロイヤルブルー

                   

                   

                  UN2017-1-1.jpg

                   

                  【  【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON RUSSIA2018出場記念Tシャツ 】

                   

                   

                   

                  型番 UN2017-01



                  販売価格 3,565 円 → 1,783 円(税込、10%)

                  50%OFF!

                   

                   

                  UN2017-2-1.jpg

                   

                  【 【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON 威風堂堂 Tシャツ 】

                   

                   

                   

                  型番 UN2017-02



                  販売価格 4,176 円 → 2,088 円(税込、10%)

                  50%OFF!

                   

                   

                   

                  UN2019-7-5.jpg

                   

                  【 【日本代表応援マフラー】 CORAZON ULTRAS QATAR2022 スカーフマフラー 】

                   

                   

                   

                  型番 UN2019-07

                   

                   

                   

                  販売価格 3,300 円(税込み)

                   

                   

                  【サイズ】
                  横幅150僉⊇追17

                  【素材】
                  ポリエステル65%、コットン35%


                  ※スカーフというネーミングではありますが、ペラペラとした素材ではなく、しっかりとした作りになっており、引っ掛かりにくい織り方をしております。

                   

                   

                  UN2019-8-1.jpg

                   

                  【 【日本代表応援パーカー】 CORAZON ULTRAS×CORAZONパーカー 】

                   

                   

                   

                  型番 UN2019-08

                   

                   

                   

                  販売価格 6,600 円(税込)

                   

                   

                  【サイズ】
                  【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
                  S 62:52:44:57
                  M 66:55:48:60
                  L 70:58:52:61
                  XL 75:63:55:62

                  【素材】
                  コットン52%、ポリエステル48

                  【カラー】
                  ブルー



                  日本代表 7.JPG

                  日本代表 6.JPG

                  日本代表 5.JPG 

                  日本代表 4.JPG

                  日本代表 3.JPG

                  日本代表 2.JPG


                  日本代表観戦にもってこいです!



                  UN2018-1-8.jpg


                  ULTRAS商品は、 
                  こちら  から!

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  それでは今日はこの辺で!

                  おやすみなさい☆

                   

                  Adios♪


                  U-23 SAMURAI BLUE U-23アジア選手権の初陣は、サウジアラビア相手に終盤の致命的なミスからPKを献上し、痛恨の黒星スタートに。

                  0

                    Hola!

                     

                     

                     

                     

                     

                    店主です☆

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    三連休の初日、いかがお過ごしでしょうか。

                    成人の日は天気も回復するようですね。

                     

                     

                    SAMURAI BLUE U-23アジア選手権 サウジアラビア戦-6.jpg

                     

                    我らがヤングサムライブルー

                    いよいよ、一昨日の1/9(木)から、TOKYO2020の試金石となる、4年に1度のU-23アジア選手権にて開幕。

                     

                     

                    日本、サウジアラビアシリアカタールと「死の組」と呼んでも過言ではない、グループBに振り分けられた日本。

                    初戦のサウジアラビア戦にかかるウェイトは極めて大きなものでしたが、ひとつのミスから取り返しのつかない敗戦となってしまいました。

                     

                     

                    勝ち点3を最後まで取りに行くこともできたでしょうし、状況を考えて「最低限でも勝ち点1」という戦い方もできたはずです。

                    ここの意思統一が全員に図れていたかは残念ながら疑問で、たった1本の何気ないバックパスがプランを崩してしまったように見えます。

                     

                     

                    「ウッとなってしまい、太陽君(古賀太陽選手())からのパスへの反応が一瞬遅れてしまった。」とのニュアンスは岡崎慎選手(水)のコメントですが、残り7分で前へ行くのか、それとと落ち着かせながらでも隙を狙うのかでは構築の仕方もだいぶ違ってきます。

                     

                     

                    SAMURAI BLUE U-23アジア選手権 サウジアラビア戦-3.jpg

                     

                    その点では90分を通してのサウジアラビアのゲームプランは完璧に近く、前線の突破力ある二人からのチャンスメイクは実に理にかなっており、5大会ぶりの五輪出場を目指す用意周到さが実を結んだ形となりました。

                     

                     

                    年末から直前合宿と銘打って、早めに現地入りしていたサウジアラビア代表。

                    年末までJリーグのスケジュールがいっぱいで、東アジア選手権なども呼ぶ選手に統一性が図られなかった日本。

                     

                     

                    この点も見えない部分での差につながったかもしれません。

                    言い方は悪いですが、今回は食野亮太郎選手(ハーツ=スコットランド)以外は皆国内組の選手。

                     

                     

                    国際舞台での経験値は終盤の大事なところで現れます。

                    最終ラインの選手であればなおさらです。

                     

                     

                    SAMURAI BLUE U-23アジア選手権 サウジアラビア戦-5.jpg

                     

                    しかし、こと中盤に関しては「技術力の高さ」はしっかりと誇示し、切れ味鋭い縦パスで攻撃のスイッチを入れ続けた「W田中」の田中碧選手(崎)、浮き球のパスと的確な散らしで攻撃にアクセントを加え続けた田中駿汰選手(幌)と及第点の出来を披露。

                     

                     

                    最終ラインの選手が攻撃参加をしなかったため、なかなか数的有利な場面は作れませんでしたが、シャドーやトップの選手たちがDFの間に入り直す動きをもう少し繰り返していたらと思わせる出来栄えでした。

                     

                     

                    この点は小川航基選手()も「勝てなかったのは僕の責任」と語っており、相手DFの間を愚直と言えるほどに動きなおす姿勢がもう少し必要なのかなと思わせます。

                     

                     

                    ここは試合の流れに入っていけなかった上田綺世選手(鹿)や、サウジアラビア戦では出番のなかった選手たちにも求められる点です。

                     

                     

                    SAMURAI BLUE U-23アジア選手権 サウジアラビア戦-2.jpg

                     

                    個の力という点では、現地スコットランドでも活躍を続ける食野選手が「唯一の海外組」として意地を魅せつけてくれました。

                    この力技は間違いなくチームを救うものであり、流れを一気に変えるものであります。

                     

                     

                    シャドー、トップはタレントの宝庫であり、現時点では当落線上の食野選手はこの大会でのブレイクに懸けたいところ。

                    過去の日本人選手には見られない、いい意味でのエゴを多分に含んだ攻撃姿勢は大先輩である宇佐美貴史選手(G)を連想とさせる「ガンバ大阪ユース産」ならでは。

                     

                     

                    この「気合系」ストライカーは、明日のシリア戦もグループリーグ最終戦となるカタール戦もチームを救う可能性があるだけに、敗戦の中でも光り輝く好材料となりました。

                     

                     

                    攻撃も守備もパズルがっていながら、たった一つのかけ違いで全てが崩れるのがフットボール。

                    その怖さを初戦で嫌というほど思い知りました。

                     

                     

                    SAMURAI BLUE U-23アジア選手権 サウジアラビア戦-1.jpg

                     

                    本人に直接の責任はないと言えますが、PK献上シーンでは「一瞬抜けていた」ことを認めるようなニュアンスだった大迫敬介選手(広島)

                     

                     

                    それまでどれだけチームを救い、完璧な振る舞いをしていてもたった一つのミスでそれは無碍なものとなってしまいます。

                    だからこそ、明日のシリア戦は当たり前のことですが「90分+α、全て最大限の集中!」です。

                     

                     

                    明日シリアに敗れれば、まさかの早期敗退となります。

                    敗退はイコールで、これ以上の実戦経験が積めないということを意味します。

                     

                     

                    それだけは絶対に回避しなければなりません。

                    そして4年前のアジア王者の意地があります。

                     

                     

                    先輩たちが築いてきた歴史をここで閉ざしてはなりません。

                    明日は本当の必勝態勢。

                     

                     

                    TOKYO2020に続いていく道を自分たちの手で必ず切り拓きましょう。

                    できないことなどないはずです。

                     

                     

                     

                    SAMURAI BLUE U-23アジア選手権 サウジアラビア戦-4.jpg

                     

                    Caldacasaでは、TOKYO2020を控えるU-22なでしこJAPAN4年前の雪辱を期すSAMURAI FIVEQATAR2022でのリベンジを見据えるSAMURAI BLUEを全力で応援!

                     

                    未来の日本代表戦士を支える応援アイテムを数多く取り揃えております。

                    是非ご覧になってください!

                     

                     

                    たとえば・・・

                     

                     

                    UN2019-5-1.jpg

                     

                    【 【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON 映画「ドーハ1993+」Tシャツ 】

                     

                     

                     

                    型番 UN2019-05




                    販売価格 4,400 円(税込み、10%)

                         



                    【サイズ】
                    【着丈:身幅】(cm)
                    M 70:52
                    L 74:55
                    XL 78:58


                    【素材】
                    綿100


                    【カラー】
                    ブルー

                     

                     

                    thumbnail_UN2019-2-1.jpg

                     

                    【 【日本代表応援ポロシャツ】 CORAZON ULTRAS ポロシャツ 】

                     

                     

                     

                    型番 UN2019-2

                     

                     

                     

                    販売価格 4,950 円(税込、10%)




                    【サイズ】
                    【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
                    S 64:46:22
                    M 68:50:23
                    L 71:54:23
                    XL 75:58:24

                    【素材】
                    コットン60%、ポリエステル40

                    【カラー】
                    ネイビー、グレー

                     

                     

                    UN2019-3-1.jpg

                     

                    【 【日本代表応援パーカー】 CORAZON ULTRAS2019ZIPパーカー 】

                     

                     

                     

                    型番 UN2019-3

                     

                     

                     

                    【販売価格】
                    7,700 円(税込、10%)



                    【サイズ】
                    【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
                    S 62:52:57
                    M 66:55:60
                    L 70:58:61
                    XL 75:63:62

                    【素材】
                    コットン52%、ポリエステル48
                    ※裏起毛付きで保温性に優れております。

                    【カラー】
                    ロイヤルブルー

                     

                     

                    UN2017-1-1.jpg

                     

                    【  【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON RUSSIA2018出場記念Tシャツ 】

                     

                     

                     

                    型番 UN2017-01



                    販売価格 3,565 円 → 1,783 円(税込、10%)

                    50%OFF!

                     

                     

                    UN2017-2-1.jpg

                     

                    【 【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON 威風堂堂 Tシャツ 】

                     

                     

                     

                    型番 UN2017-02



                    販売価格 4,176 円 → 2,088 円(税込、10%)

                    50%OFF!

                     

                     

                     

                    UN2019-7-5.jpg

                     

                    【 【日本代表応援マフラー】 CORAZON ULTRAS QATAR2022 スカーフマフラー 】

                     

                     

                     

                    型番 UN2019-07

                     

                     

                     

                    販売価格 3,300 円(税込み)

                     

                     

                    【サイズ】
                    横幅150僉⊇追17

                    【素材】
                    ポリエステル65%、コットン35%


                    ※スカーフというネーミングではありますが、ペラペラとした素材ではなく、しっかりとした作りになっており、引っ掛かりにくい織り方をしております。

                     

                     

                    UN2019-8-1.jpg

                     

                    【 【日本代表応援パーカー】 CORAZON ULTRAS×CORAZONパーカー 】

                     

                     

                     

                    型番 UN2019-08

                     

                     

                     

                    販売価格 6,600 円(税込)

                     

                     

                    【サイズ】
                    【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
                    S 62:52:44:57
                    M 66:55:48:60
                    L 70:58:52:61
                    XL 75:63:55:62

                    【素材】
                    コットン52%、ポリエステル48

                    【カラー】
                    ブルー



                    日本代表 7.JPG

                    日本代表 6.JPG

                    日本代表 5.JPG 

                    日本代表 4.JPG

                    日本代表 3.JPG

                    日本代表 2.JPG


                    日本代表観戦にもってこいです!



                    UN2018-1-8.jpg


                    ULTRAS商品は、 
                    こちら  から!

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    それでは今日はこの辺で!

                    おやすみなさい☆

                     

                    Adios♪


                    U-23 SAMURAI BLUE いよいよ1/9(木)から、U-23 アジア選手権がタイにて開幕!

                    0

                      Hola!

                       

                       

                       

                       

                      店主です☆

                       

                       

                       

                       

                       

                      いよいよ明日から仕事始めという方も多いことでしょう。

                      体調を万全にして、明日からの1週間に備えましょう!

                       

                       

                      U-23 SAMURAI BLUE プレビュー 6.jpg

                       

                      我らがヤングサムライブルー

                      4年前はカタールにて、リオデジャネイロへの切符を獲得したU-23 アジア選手権へと挑みます。

                       

                       

                      今回はでの開催。

                      諸熱対策を施し、徐々に熱さに慣れていく方法で調整しているようです。

                       

                       

                      年末のジャイカ戦大勝での勢いをそのまま持ち込みたいところ。

                      合宿最終日に行われた前鹿監督の石井正忠監督率いる、タイ1部サムットプラカンシティFC戦は、35分x2本の練習試合を行い、5-0の大勝。

                       

                       

                      仕上がりは順調のようで、気を付けたいのは食事面や衛生面でしょう。

                      どんなに気を付けていてもうっかり生水を口にしてしまったり、フルーツを生で食べてしまったりと、タイは先進国に近づいてはいますが、水は気を付けなくてはいけません。

                       

                       

                      U-23 SAMURAI BLUE プレビュー 1.jpg

                       

                      選手の集団下痢によって苦しんだ遠征や大会も過去には存在しました。

                      店主自身も最後にタイに行ったのは9年前なので一概には言えませんが、基本的に海外で生水を摂ることは危険です。

                       

                       

                      選手たちも十分にそのことは理解しているはずですが、十分に注意はしてほしいところ。

                      初戦からアジア王座を争うであろう、サウジアラビアとの大一番となります。

                       

                       

                      グループリーグ初戦を取ると取らないとでは、今後の戦い方が大きく変わってきます。

                      今回はさらにシリア、昨年のアジア選手権では完敗を喫したカタールが相手。

                       

                       

                      実力拮抗の死の組に入った印象は否めず、サウジアラビア戦が大きなウェイトを占めることになるでしょう。

                      初戦は決勝戦の意気込みでいかないと、足元をすくわれることになります。

                       

                       

                      U-23 SAMURAI BLUE プレビュー 3.jpg

                       

                      よりよい最終整備としていくためにも、森保一監督に求められるのは戦力の選別。

                      おそらく今回はオーバーエイジ枠も目玉となってくるはずです。

                       

                       

                      そしておそらく事実上の18人入りが決まっている、久保建英選手(マジョルカ=ペイ)、堂安律選手(PSV=ラン)、中山雄太

                      選手(ウォ=ラン)、板倉滉選手(フローニンヘン=ラン)、冨安健洋選手(ボローニャ=タリ)は不参加。

                       

                       

                      ここからオーバーエイジ枠の2枠を引くと、ここから選ばれるのは約10名でしょう。

                      今回タイでのU-23 アジア選手権に参加するのは23名。

                       

                       

                      ここから約13名が振り落とされる計算です。

                      J開幕とともに彗星のごとき活躍をして、名を上げる選手が数名出るかもしれません。

                       

                       

                      U-23 SAMURAI BLUE プレビュー 5.jpg

                       

                      それでも7か月後に迫った本大会のベースメンバーとなるのはこの23名のうちの10名でしょう。

                      我らがベルマーレ出身の選手では、写真左端の杉岡大暉選手(鹿)が左ウイングのポジションを奪取できるか。

                       

                       

                      そして怪我の間に同ポジションの選手の活躍で序列が下がってしまった齊藤未月選手()は再び地位を上げることができるかどうか。

                       

                       

                      齊藤選手の「上下関係をいい意味で顧みない」キャプテンシーとリーダーシップ、そして諸外国のレフェリー陣との類まれなるコミュニケーション能力は、今回の23人でも間違いなくトップでしょう。

                       

                       

                      あとはボール奪取能力は間違いなく田中碧選手(崎)、中山選手、田中駿汰選手(幌)よりも上。

                      激しく華麗に絡めとるボール奪取をアピールしつつ、他選手にはない無二の武器である対話力を大いにアピールしていきたいところ。

                       

                       

                      杉岡選手は、自身の飛躍のために鹿島への移籍を志願。

                      その志願に見合うだけの活躍が求められます。

                       

                       

                      菅大輝選手(幌)が当面のライバルとなりますが、守備面では菅選手を上回るだけに、得意の「ゴリブル」をより多く繰り出せるかが、ポジションダッシュのカギとなりそうです。

                       

                       

                      U-23 SAMURAI BLUE プレビュー 2.jpg

                       

                      まだ二十歳ながらも、広島2シーズンフルで活躍を続ける大迫敬介選手(広島)を上回ることは、現時点で谷晃生選手()には難しいかもしれません。

                       

                       

                      ただ「環境を劇的に変えるために湘南へ来た」という覚悟のもと、TOKYO2020のそしてベルマーレの正GK争いに挑みます。

                      2番手が有力である海外組の山口瑠伊選手(ロリアン=ラン)は不参加。

                       

                       

                      現時点では3番手争いでしょう。

                      しかし、18人に入るためにはまずは現時点で2番手である山口選手を超えるしかありません。

                       

                       

                      ベルマーレでレギュラーをつかむことが、TOKYO2020への一番の近道です。

                      素質の大きさからガンバ大阪ユースから飛び級でガンバ大阪U-23のゴールマウスを任されてきた谷選手。

                       

                       

                      3選手とも今回の競争で何かをつかみ、湘南へと持ち帰ってほしいところ。

                      そしてすべての選手がプラスの何かを得たとき、大会連覇はこの手に近づいてくるはずです!

                       

                       

                       

                      U-23 SAMURAI BLUE プレビュー 4.jpg

                       

                      VAMOS YOUNG SAMURAI BLUE!!!

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      soccer junky2020福袋一般発売開始!】

                       

                      今年からsoccer junky2020福袋の一般発売を開始!

                      総額34,000円(税込)分のアイテムが全6アイテム!コスパの良さは業界随一!

                       

                      セットアップ重視の方は絶対にお得です!

                       

                       

                      soccer-junky-2020福袋.jpg

                       

                      【 【送料無料、ポイント10倍!】  soccer junky 2020 福袋  】

                       

                       

                       

                      サイズ
                      S,M,L,XL



                      <福袋内容>
                      .献磧璽献肇薀奪ジャケット

                       

                      soccer junky 2020福袋-9.jpg


                      ▲献磧璽献僖鵐

                       

                      soccer junky 2020福袋-3.jpg


                      スウェットプルパーカー

                       

                      soccer junky 2020福袋-5.jpg
                       

                      ぅ好ΕД奪肇僖鵐

                       

                      soccer junky 2020福袋-6.jpg


                      ゥ蹈鵐哀好蝓璽屮廛薀轡礇

                       

                      soccer junky 2020福袋-7.jpg
                      Ε函璽肇丱奪

                       

                      soccer junky 2020福袋-8.jpg
                       

                      特典応募はがき

                      ※内容合計総額¥34,000相当

                      <金額>
                      上代:12,000(+tax)



                      サイズは、全アイテム統一にて。
                      アイテム毎のサイズ・カラー選択が出来ません。
                      予めご了承ください。

                       

                       

                       

                       

                       

                      soccer junky 2020福袋 一般販売開始!!


                      ポイント10倍、送料無料。



                      今年からCaldacasaでも取り扱いを開始!
                      リーズナブルな価格で上下セット2点とプラシャツの上がそろい、他社とは一線を画すお得感満載の福袋!

                       

                       

                       

                      soccer-junky-2020福袋.jpg

                       

                       

                       

                      詳細は、 こちら から!

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      それでは今日はこの辺で!

                      おやすみなさい☆

                       

                      Adios♪


                      | 1/13PAGES | >>