Caldacasa ONLINE SHOP

Caldacasaとはスペイン語で「暖かい家(ホームスタジアム)」と言う意味です。 お客様の心に暖かい満足を提供できるように日々精進致します。 電話受付ポップ-5.jpg

Caldacasa MOBILE SHOP

Caldacasa MOBILE BLOG

 

リンクバナー

当ブログはリンクフリーです。

バナーを御自由にお使いください。

categories

archives

selected entries

recent trackback

チャリティーオープンフィールド「絆」

0
     Hola!

    店主です。


    今、個人で出来ることは、募金と節電が主ですが、
    ベルマーレとして、サッカーを応援するモノとして、
    出来ることは何か。

    NPO法人
    湘南ベルマーレスポーツクラブが主催、
    ベルマーレを代表するサポーターグループである、
    EL FRENTE SHONAN
    が共催するチャリティーフィールドが今週土曜日に行われます。




    Pray for JAPAN from SHONAN

    東北地方太平洋沖地震・チャリティーオープンフィールド開催のお知らせ

    まず、この度東北地方太平洋沖地震で被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。
    そして、今なお行方不明となられている多くの皆さまの一刻も早い救助を願うとともに、
    一人でも多くの命が救われることを心よりお祈りしております。


    この度、3月11日に発生した東日本大震災で被災した地域の復興支援として、
    チャリティーオープンフィールド絆を開催することになりました。

    湘南ベルマーレを愛する皆様の被災地域への思いをカタチにして被災地復興の一助としたいという主旨の企画となりますので、皆様からの参加費は募金という形を取らせていただき、平塚市を通じて、被災地へと送られることになっております。


    主催:NPO法人 湘南ベルマーレスポーツクラブ

    共催:EL FRENTE SHONAN

    日時:平成23年3月26日(土)10:00〜14:00

    ※雨天時の開催可否については、別途お知らせいたします。

    場所:馬入ふれあい公園 サッカー場(人工芝グラウンド)
    ※グラウンドへは運動靴を履いていない方、またベビーカーなどは入れません。

    参加費:無料(特に金額は定めませんが募金をお願いさせて頂きます)
    開催時間10:00〜14:00は出入り自由となりますので、
    空いている時間だけでの参加も大歓迎です。

    参加資格:震災の支援を目的としているため、公共の交通機関、自転車、徒歩で参加してくださる方
    (ベルマーレサポーターでなくても、もちろん参加可能です)
                
    【実施内容】
    1.オープンフィールド
    (1)絆のミニサッカー(参加者をランダムにチーム分けして実施します)
    (2)絆の体操(リズムに合わせ一体感を持って実施します)
    2.“絆”の人文字作り(昼休みに実施)
    3.選手会主催のチャリティーオークション(昼休みに実施)
    4.チャリティーフードパーク
    5.被災地応援コール(閉会式にて実施)

    【タイムスケジュール】
    10:00〜10:15 開会式
    10:15〜11:30 オープンフィールド(ミニサッカー大会と半面で体操等)
    11:30〜12:30 昼休み 
    12:30〜13:45 オープンフィールド(ミニサッカー大会と半面で体操等)
    13:45〜14:00 閉会式   

    被害の小さい湘南地域の我々が集まり、“ボールを蹴る”という日常の時間を取り戻すことで、何とか被災したJリーグの仲間達の立ち上がるチカラに繋げられないだろうか、
    そんな思いがあり、ベルマーレの協力を得て開催させていただくことになりました。

    一人でも多くの湘南サポーターの思いを強い“絆”にして届けたいです。
    被災地域の多くの被災者の方々のため、共に闘ってきた仲間達のため、そして日本のために。

    皆様のご参加お待ちしております。

    問い合わせ先:湘南ベルマーレ TEL:0463-25-1211 



    店主も参加予定です。
    サポーターとしてできることもそんなに多くはありませんが、
    同じ気持ちを共有する仲間として、このイベントに参加する意義は大いにあると思います。
    当日は目いっぱい楽しみ、被災地の一日も早い復興を祈りましょう。

    それでは、Adios!

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック