Caldacasa ONLINE SHOP

Caldacasaとはスペイン語で「暖かい家(ホームスタジアム)」と言う意味です。 お客様の心に暖かい満足を提供できるように日々精進致します。 電話受付ポップ-5.jpg

Caldacasa MOBILE SHOP

Caldacasa MOBILE BLOG

 

リンクバナー

当ブログはリンクフリーです。

バナーを御自由にお使いください。

categories

archives

selected entries

recent trackback

海外研修記 -ボスニアンフットボールについて 2-

0
    Hola!


    店主です☆



    本日から通常営業に戻りました。
    皆さんこれからもCaldacasaを宜しくお願い致します。

    モスタル-3.JPG

    さて、本日もボスニアのフットボールについてお話をしていきたいと思います!
    本日はボスニア・ヘルツェゴビナの南部地域であるヘルツェゴビナの代表的な都市、モスタルにあるサッカーチームについてです。


    まず説明する前に簡単にモスタルの街について説明を。
    この地域も92年〜95年にかけて勃発したユーゴスラビア内戦の激戦地でした。
    この地域はクロアチア人(カトリック)とムスリム人(イスラム教)の戦闘地帯。


    ムスリム系のベレジュモスタルとクロアチア系のジェリンスキーモスタルの両チームが居住地域の境を分けて存在しています。


    モスタル-2.JPG

    まずはムスリム系のベレジュ・モスタルの練習場兼ホームスタジアムに行きました。
    ここは日本代表監督であるワハド・ハリルホジッチ氏が在籍し、チーム唯一のタイトルである81-82シーズンのチトー杯をもたらしました。チトー杯とは日本で言う天皇杯です。


    モスタル-1.JPG

    その時にタンデムと言われる名コンビでピッチを疾走したのがハリルホジッチ監督。
    ここモスタルの地ではレジェンド的な英雄。
    ハリルホジッチ監督のことを知らない人はいません。
    クロアチア人であるハリルホジッチ監督を民族関係なく英雄として慕っていました。


    33年前のスタジアムも資本もすべて失い、このモスタル郊外の地に居を移しましたが(後で記述)、栄光はいつまでも色褪せぬままです。


    民族を越えて、モスタルのシンボルと言えるチームはこのベレジュ。
    民族関係なく融和していた旧ユーゴ時代ではヘルツェゴヴィナ地方の誇りと言えるクラブでした。


    モスタル-4.JPG

    ムスリム人地域を越えて、クロアチア人地域に居を構えるのが画像を見てお分かりであろう、クロアチア系のクラブであるジェリンスキー・モスタル。


    ユーゴ内戦時にクロアチアから世界中へ避難したクロアチア人からの資金を募って、潤沢な運営資金を誇ります。
    もちろん、チームに属するほとんどの選手がクロアチア人。
    そしてモスタル在住のクロアチア人にとっては「誇り」といえる民族的クラブです。


    このチームは設立こそ1905年となっていますが、チトー大統領は旧ユーゴのスポーツチームに対して民族的な名前や姿勢を前面に出すクラブの活動を禁止していました。ジェリンスキーはクロアチア系という色を濃く出していたため、活動停止に追い込まれました。


    しかしユーゴ内戦後、民族主義の考えが根付いた国内において、民族を前面に打ち出すクラブの活動が事実上認められるようになります。そこで復活したのがこのジェリンスキー。各国に散らばったクロアチア人からの潤沢な資金を活かし、ベレジュが使用していたホームスタジアムを自らの名義に変更、活動拠点を確保。この経緯があるため、ベレジュとの仲は険悪。毎回モスタルダービーは超厳戒態勢で行われているようです。


    モスタル-5.JPG

    この日は同じクロアチア系クラブである隣町のシロキ・ブリイェグとの「クロアチア」ダービーマッチ二日前。
    しかし、ピリピリした空気はなく、フレンドリーな空気で出迎えてくれました。
    クロアチア人は明るくフレンドリーに絡んでくるタイプ。
    言葉は通じなくても楽しく過ごせることができました。


    モスタル-6.JPG

    ハリルホジッチ監督が観客に多くの喜びをもたらしたこのスタジアム。
    このスタジアムには旧ユーゴ時代のベレジュの栄光が息づいています。


    ツアーガイドの方は、「民族を越えてなぜこのスタジアムを共有できないのか。ベレジュの歴史を考えるとちょっと悲しい」と沈んだ声で言います。


    未だに民族対立が根強く残る街であるモスタル。
    ダービーでいがみ合うのはまだいいですが、それが民族差別的なモノであったり政治的なものであるのは少し違うような気がします。最高のスパイスには成り得ますが、少し違和感を感じずにはいられませんでした。


    理想としてはベレジュのスタジアムが練習専用となり、このスタジアムにホームとして帰ってくる。
    もちろんジェリンスキーと共用で。
    長い長い年月はかかるでしょうが、そんな日を生きている間に見たいものです。




    W杯2018アジア二次予選を戦うサムライブルー
    なでしこJAPANの応援にも持ってこいな、
    Tシャツ5枚入りパック、ULTRAS PACK
    のご紹介です!

    ULTRAS-PACK.jpg


    【 【Tシャツ5点で4,320円!】 Caldacasa ULTRAS PACK 【ポイント10倍!送料無料!】 】



    販売価格 4,320 円(税込)



    サイズ
    小(S,M混合), 大(L,XL混合)



    ※ ポイント10倍、送料無料



    ※ 送料表示がされますが、こちらで無料の処理をいたしますので、そのままお進みください。


    ※ 中サイズは予定数に達したため、締め切りました。たくさんのお買い上げ誠にありがとうございました。


    ULTRAS-PACK-2.jpg

    ハリルホジッチ氏が新監督に就任し、新たなスタートを切る日本代表の応援に、お得すぎるTシャツ5枚入りパックが発売!
    5枚で4,320円と驚きの安さ!
    なお枚数の都合上、Tシャツ4枚とHOOLIGAN UNITEDのTシャツ1枚となりますのでご了承ください。



    詳細は、 こちら から!






    それでは今週も頑張りましょう☆
    Adios♪

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック