Caldacasa ONLINE SHOP

Caldacasaとはスペイン語で「暖かい家(ホームスタジアム)」と言う意味です。 お客様の心に暖かい満足を提供できるように日々精進致します。 電話受付ポップ-5.jpg

Caldacasa MOBILE SHOP

Caldacasa MOBILE BLOG

 

リンクバナー

当ブログはリンクフリーです。

バナーを御自由にお使いください。

categories

archives

selected entries

recent trackback

なでしこ、毎年恒例のアルガルベカップはニュースター誕生も勝負所で課題が出た大会に。

0

    Hola!

     

     

     

     

    店主です☆

     

     

     

     

     

    欧州チャンピオンズリーグではバルロナ(スペイン)の奇跡の大逆転劇がありました。

    ファーストレグ0-4からのベスト8進出は史上初の出来事らしいですね。

    まさにミラクルバルサ、役者が違いすぎます!

     

     

     

    我らがなでしこジャパン

    毎年恒例のアルガルベカップに臨みましたが、今年は6位という成績に終わりました。

     

     

    新戦力の台頭や新たなチームリーダーなど核となる存在の目星がついたことは大きな進展でしたが、どれも点的要素なものばかりで線にはなりませんでした。

    試合の流れをつかむことがいまひとつできず、実力に見合った結果を残せなかったようにも見受けられます。

     

     

     

    2-0の完勝を収めたアイスランド戦では、宇津木瑠美選手(シアトル・レインFC=メリ)、川村優理選手()のボランチコンビは激しいボール奪取を披露し攻撃の起点に。

    双方キャリアを積み上げ年長の部類。

    特に川村選手が奪ってからの攻守の切り替えの早さは年々磨きがかかっています。

     

     

    宇津木選手は度重なる負傷さえ減らせれば、間違いなくチームの大黒柱。

    尽きない運動量と球際への激しさ、広範囲への貢献度は世界的に見てもトップクラスでしょう。

    本当に怪我だけは気を付けてほしいです。

     

     

     

    遂に現れた新星というべきなのか。

    アンダー世代のワールドカップでは、パス、ドリブル、シュートのすべてが完成されていた長谷川唯選手(ベレーザ)

    アイスランド戦ではゴラッソな先制ミドルを叩き込み、二点目はゴール前でやや難しい角度のクロスではありましたが落ち着いて押し込んだものでした。

     

     

    主に左エリアでのフィニッシュとラストパスを担当し、多くのチャンスを演出。

    結果には結びつかなかったものの、攻撃の中心を担っていくことはほぼ確実。

    「高倉チルドレン」の申し子が遂に台頭しました!

     

     

     

    完全にエースの称号を手にした感がある横山久美選手()

    今大会で代表通算ゴール数を9に延ばしましたが、4は今大会に奪ったもの。

    落ち着いたドリブルシュートは年々磨きがかかり、ゴール前での動きは無双状態。

    確実にネットを揺らしてくれます。

     

     

    前線は流動的なところがありましたが、今後は横山選手が軸になる可能性が高いでしょう。

    同じようなタイプの大野忍選手()は、国際大会の大事なところで何度もチームを救ってきました。

    求めらるのはチームを次のステージへいざなう得点です。

     

     

     

    今大会の象徴となってしまったラン戦、ロスタイム3分の失点。

    一人少なかった数的優位を生かせず、一瞬のスキでやられてしまいました。

    PK戦がちらついていたことは言うまでもないでしょう。

     

     

    しかし数的有利な状況でなぜ最後まで攻め抜けなかったか。

    おそらく共通理解の認識がまだ浸透していないのでしょう。

     

     

    宮間あや選手、永里優季選手(フランクフルト=ド)が不在。

    試合の流れを司る選手が欠けている事実はあります。

     

     

     

    内容と結果が伴わず苦心している印象の高倉麻子監督。

    しかし、まだ時間は来年の最終予選まで1年以上は残されています。

     

     

    この産みの苦しみを2019年の歓喜へと変えるために。

    多くのアンダー世代を育て上げた手腕の本領発揮はまだまだこれからでしょう!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2017-WINTER-SPRING-SALE.jpg

     

    2017 WINTER-SPRING SALE 開催!】

    春の訪れを感じさせる、Caldacasa恒例の冬春SALEを今年も開催!

    10%〜70%OFF!

    欲しかったあのアイテムがお手頃の価格に!

     

     

    値引きアイテムは随時追加していきます。

    5,000円以上のお買い上げで送料無料!

    3/20(祝)まで。

     

     

     

    たとえば・・・

     

     

    ブラジル雑貨-195.JPG

     

    【 【ブラジル雑貨】 トロピカルブラジル国旗柄【ブラジルカンガ】パレオ 】

     

     

     

    型番 CNG0103


    販売価格 3,980 円 → 2,786 円(税込)

    30%OFF!

     

    → 3/11(土)までのお買い上げで、
    27,860円分お買い上げの278ポイントゲット!


    サイズ :約120×172cm


    素材  :ビスコース100%


    ブランド:Bali Blue

     

     

     

    ブラジル雑貨-213.jpg

     

    【 【ブラジル雑貨】 【フラメンゴ公式キャップ】adidas スナップバックFLAMENGO帽子 】

     

     

     

    型番 SLC1011


    販売価格 7,980 円 → 5,586 円(税込)
    30%OFF!

     

    → 3/11(土)までのお買い上げで、
    55,860円分お買い上げの558ポイントゲット!

    カラー :ブラック


    サイズ :フリー(調節可能)


    素材  :アクリル100%


    ブランド:ADIDAS (Brasil)

     

     

     

    ブラジル雑貨-218.jpg

     

    【 【ブラジル雑貨】 コリンチャンス バスタオル【CORINTHIANS公式グッズ】 兵士 】

     

     

     

    型番 SLC1026

     

     

     

    販売価格 3,980 円 → 3,184 円(税込)

    20%OFF!

     

    → 3/11(土)までのお買い上げで、
    31,840円分お買い上げの318ポイントゲット!

     

    サイズ :縦152cm×横72cm

     


    素材  :コットン100%

     

     

     

    ブラジル雑貨-170.JPG

    【 【ブラジル雑貨】 コルコバード リオのキリスト像ペンダントヘッド【CRISTO REDENTOR モチーフペンダントトップ】】



    サイズ :4.5×3.3cm



    販売価格 2,980 円 → 1,490 円(税込)

    50%OFF!

     

    → 3/11(土)までのお買い上げで、
    14,900円分お買い上げの149ポイントゲット!

     

     

     

    ブラジル雑貨-241.JPG

     

    【 【ブラジル雑貨】 マリアメダルペンダントヘッド【ゴールドメタル】 】

     

     

     

    型番 ARM0006

     

     

     

    販売価格 1,500 円 → 1,200 円(税込)

    20%OFF!

     

    → 3/11(土)までのお買い上げで、
    12,000円分お買い上げの120ポイントゲット!

     

     

    サイズ :1.7×1.4cm バチカン穴 5mm

     

     


    素材  :シルバーメタル

     

     

     

     

    ブラジル雑貨をご覧になりたい方は、 こちら から!

     

     

     

     

     

     

    それでは今日はこの辺で!

    Adios♪


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック