Caldacasa ONLINE SHOP

Caldacasaとはスペイン語で「暖かい家(ホームスタジアム)」と言う意味です。 お客様の心に暖かい満足を提供できるように日々精進致します。 電話受付ポップ-5.jpg

Caldacasa MOBILE SHOP

Caldacasa MOBILE BLOG

 

リンクバナー

当ブログはリンクフリーです。

バナーを御自由にお使いください。

categories

archives

selected entries

recent trackback

J1 第4節 アウェイFC東京戦、飛田給で勝ち点を奪えず、今季リーグ戦初黒星に。

0

    Hola!

     

     

     

     

    店主です☆

     

     

     

     

     

     

    今週は雨がちの一週間となりそうです。

    心は晴れやかに行きましょう!

     

     

    アウェイFC東京戦-4.JPG

     

    我らがベルマーレ

    昨日は調布飛田給味の素スタジアムにて、アウェイでFC東京との対決。

     

     

    多くのベルマーレサポーターがアウェイ側に集結し、精一杯の声と情熱をピッチへと届けました。

    試合は前半序盤からベルマーレが優勢に試合を進めます。

     

     

    相手右SB岡崎慎選手のポジショニングがあやふやだったところを集中的に突き、チャンスを量産。

    杉岡大暉選手が、今季初先発の梅崎司選手が度々エリアに侵入。

     

     

    この時間帯にPA内で一度でも決定機を迎えていれば、流れをもっと確実に引き寄せることができました。

    しかし、序盤に放ったシュートは秋野央樹選手のミドルシュート一本のみ。

     

     

    結果的に初めの15分で相手に脅威を与えられなかったことが、点差以上の完敗という結果につながってしまったと感じます。

    15分を過ぎると、橋本拳人選手や東慶悟選手の素早いチェックの前に球際でも負けるようになり、細かいパスを駆使しての攻撃が成り立たなくなります。

     

     

    アウェイFC東京戦-6.JPG

     

    更に現在の東京の肝ともいえる、ディエゴ・オリヴェイラ選手の激しいプレスの数々は、DFからの組み立てを無力化され、大野和成選手起点の攻撃はほとんどなかったように感じます。

     

     

    このブラジル人選手の献身性は非常に見習うべきで、東京の選手にも波及効果があったことに間違いありません。

    ハイプレスが奏功し、ベルマーレが徐々に持ち味を失っていく中で、東京はチームの伝統ともいえるショートカウンターで対抗。

     

     

    攻守の切り替えも早くなった東京は、特に左の小川諒也選手から多くのクロスが放たれます。

    中央での守備をしっかりと固めていたため、この形からの失点は免れましたが、チェックと間合いが軽くなり幾度も簡単に上げさせてしまったところは反省材料。

     

     

    前半終了間際に、ゴール左から梅崎選手のバー直撃の惜しいFKがありましたが、結果的に東京に脅威を与えたのは、90分通してこのワンプレーだけでした。

     

     

    前半は無失点で免れましたが、後半に入って40秒。

    前線からのハイプレスで気をよくしていたディエゴ・オリヴェイラ選手にゴラッソなミドルを叩き込まれて失点。

    後半開始直後のファーストシュートが突き刺さったことにより、ベルマーレの選手たちのメンタルはこれでガクンと落ちてしまったようにも見えました。

     

     

    後半は意思統一も少し欠いたように見受けられ、焦りが散見。

    残り10分でアンドレ・バイーア選手をトップに据える「パワープレー」を開始。

     

     

    右サイドに途中投入されたミハエル・ミキッチ選手のクロスから活路を見出す戦術でチャンスこそ作りましたが、決定機には至らず。

     

     

    0-1での敗戦。

    リーグ戦今季初の敗戦は、相手に怖さを与えることなく終わってしまった90分。

    特に後半はベルマーレの悪いところが一気に噴き出してしまったような内容でした。

     

     

    アウェイFC東京戦-5.JPG

     

    それでも大崩れすることなく、最少得点差で終えたことは評価の対象でしょう。

    今季が終わるとき、ここで1点差負けで済んだということは得失差勝負となったとき、必ず吉と出るはずです。

     

     

    YBCルヴァン杯アウェイ戦、そして昨日と公式戦連敗で2週間の中断期間に入りますが、この2週間をチームを見つめ直す絶好の機会に。

     

     

    この14日間でうまく行かなかったところは修正し、アウェイのセレッソ大阪戦から、湘南桜を大いに長居の地で咲かせていきましょう!

     

     

     

     

     

     

     

    Caldacasaでは、W杯出場を見事に決めたSAMURAI BLUEを全力で応援!

    W杯まで残り3か月。

    世界の壁を打ち破る戦士たちを応援するグッズを大好評取り扱い中です!

     

     

     

     

    2018-SPRING-SALE.jpg

     

    2018 SPRING SALE も同時開催中!

     

     

     

     

    たとえば・・・

     

    UN2017-1-1.jpg

     

    【  【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON RUSSIA2018出場記念Tシャツ 】

     

     

     

    型番 UN2017-01



    販売価格 3,500 円 → 3,150 円(税込)

    10%OFF!

     

     

    UN2017-2-1.jpg

     

    【 【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON 威風堂堂 Tシャツ 】

     

     

     

    型番 UN2017-02



    販売価格 4,100 円 → 3,690 円(税込)

    10%OFF!

     

     

    UN2018-2-6.jpg

     

    【 【日本代表応援グッズ】 CORAZON ULTRAS BORDERマフラー 】

     

     

     

    型番 UN2018-02



    販売価格 4,320 円(税込)

     

     

    UN2018-1-2.jpg

     

    【  【日本代表応援グッズ】 CORAZON ULTRAS 大和魂スカーフマフラー 】

     

     

     

    型番 UN2018-1

     

     

     

    販売価格 3,240 円(税込)

     

     

    UN2017-3-1.jpg

     

    【 【日本代表応援パーカー】 CORAZON 威風堂堂 ZIPパーカー 】

     

     

     

    型番 UN2017-03



    販売価格 7,560 円 → 6,804 円(税込)

    10%OFF!




    日本代表 7.JPG

    日本代表 6.JPG

    日本代表 5.JPG 

    日本代表 4.JPG

    日本代表 3.JPG

    日本代表 2.JPG


    日本代表観戦にもってこいです!



    UN2018-1-8.jpg


    ULTRAS商品は、 こちら  から!

     

     

     

     

     

    それでは今週も頑張りましょう!

    Adios♪


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック