Caldacasa ONLINE SHOP

Caldacasaとはスペイン語で「暖かい家(ホームスタジアム)」と言う意味です。 お客様の心に暖かい満足を提供できるように日々精進致します。 電話受付ポップ-5.jpg

Caldacasa MOBILE SHOP

Caldacasa MOBILE BLOG

 

リンクバナー

当ブログはリンクフリーです。

バナーを御自由にお使いください。

categories

archives

selected entries

recent trackback

マリ戦、収穫は少なくドロー決着も、A代表デビューの中島翔哉選手(ポルティモネンセ=ポルトガル)が終了間際に劇的同点弾!

0

    Hola!

     

     

     

     

     

    店主です☆

     

     

     

     

     

     

    いよいよ桜が見ごろ。

    今日のJ2J3は、試合前や試合後にお花見を楽しんだ方も多かったのではないでしょうか。

     

     

    マリ戦-2.JPG

     

    我らがサムライブルー

    W杯ア2018に向けた総仕上げの欧州遠征第1戦は、収穫もあまりなく代表相手に試合最終盤までリードを許す苦しい展開でしたが、中島翔哉選手(ポルティモネンセ=ポルトガル)がデビュー戦で劇的な同点弾!

     

     

    なんとか引き分けに終わり、最低限の結果を得ました。

    代表デビューの選手とキャップ数が少ない選手中心のスカッドとなりましたが、化学変化は起きず。

     

     

    ワハド・ハリルホジッチ監督も、まだメンバーの発掘を手探りで行っているように見えます。

    今回は本田圭佑選手(パチューカ=キシ)が半年ぶりに代表復帰を果たし攻撃にリズムを加えましたが、決定的なところで顔を出すことはありませんでした。

     

     

    マリ戦-1.JPG

     

    終了間際の劇的弾のほかにも、左サイドでボールを保持し、マリの屈強な偉丈夫たちを相手に仕掛けていった中島選手。

    ドリブルから数度バイタルエリア付近でファウルをもらい、フリーキックを獲得。

     

     

    さらに自身の被ファウルから得た左からのFKでは、きわどいボールを中に送り込みチャンスを演出。

    完全に持ち味を発揮するにはあと数戦必要かもしれませんが、使い続ければ相当今の代表に馴染んでいくような期待を感じさせるプレーではありました。

     

     

    マリ戦-3.JPG

     

    先制点となったPK献上。

    前半で交代を命じられ、精彩を欠いた宇賀神友弥選手(浦和)

     

     

    自身の30歳の誕生日は、少しアンラッキーなものとなってしまいました。

    PK献上のシーンは、「アフリカの選手たちは、一歩足が伸びてくることを想定していなかった。頭に入っていなかったのは完全に自分の経験不足。」と肩を落とす結果に。

     

     

    両サイドでカットインからフィニッシュまで持っていける能力は、日本では稀有な存在。

    攻守両面での活躍が期待されます。

    ウクライナ戦では、汚名返上となる挽回ぶりに期待しましょう。

     

     

    マリ戦-4.JPG

     

    後半途中で負傷し、またしても途中退場となってしまった大島僚太選手(崎)

    どこかちぐはぐとしていた中で、唯一持ち味である的確な散らしとスイッチを入れる役目をこなしていただけに残念ではありました。

     

     

    ハリルホジッチ監督も攻撃の要をして期待をしていましたが、ここでの回復具合は気になるところ。

    次は5月の最終総仕上げの時期となりそうですが、所属の川崎でどこまで怪我の状態が回復し、本来のプレーを取り戻しているかにかかっています。

     

     

    マリ戦-5.JPG

     

    代表では2度目の「10番」

    神戸から渡欧し、ポーランドを経てベルギへ。

     

     

    そしてCLやELの常連でもあるアンデルレヒト(ベルギ)への栄転を果たした森岡亮太選手(アンデルレヒト=ベルギ)

    この日は組み立てに苦労し、役割がシャドーストライカー的なところも求められていたので四苦八苦な印象。

     

     

    目立ったインパクトは残せませんでしたが、言わば中島選手と同じくらいに頭角を現し、チームステイタスでいえば欧州の名門でエースナンバーを背負うまでに伸し上がりました。

     

     

    この一戦で、見切るにはあまりにも惜しいでしょう。

    次のウクライナ戦が実質ラストチャンスになるかもしれません。

     

     

    次戦は、残された時間を考えると、結果も内容も求められるウクライナ戦。

    より多くの収穫を得て、この欧州遠征を締めくくってほしいものです。

     

     

     

     

     

     

     

     

    Caldacasaでは、W杯出場を見事に決めたSAMURAI BLUEを全力で応援!

    W杯まで残り3か月。

    世界の壁を打ち破る戦士たちを応援するグッズを大好評取り扱い中です!

     

     

     

     

    2018-SPRING-SALE.jpg

     

    2018 SPRING SALE も同時開催中!

     

     

     

     

    たとえば・・・

     

    UN2017-1-1.jpg

     

    【  【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON RUSSIA2018出場記念Tシャツ 】

     

     

     

    型番 UN2017-01



    販売価格 3,500 円 → 3,150 円(税込)

    10%OFF!

     

     

    UN2017-2-1.jpg

     

    【 【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON 威風堂堂 Tシャツ 】

     

     

     

    型番 UN2017-02



    販売価格 4,100 円 → 3,690 円(税込)

    10%OFF!

     

     

    UN2018-2-6.jpg

     

    【 【日本代表応援グッズ】 CORAZON ULTRAS BORDERマフラー 】

     

     

     

    型番 UN2018-02



    販売価格 4,320 円(税込)

     

     

    UN2018-1-2.jpg

     

    【  【日本代表応援グッズ】 CORAZON ULTRAS 大和魂スカーフマフラー 】

     

     

     

    型番 UN2018-1

     

     

     

    販売価格 3,240 円(税込)

     

     

    UN2017-3-1.jpg

     

    【 【日本代表応援パーカー】 CORAZON 威風堂堂 ZIPパーカー 】

     

     

     

    型番 UN2017-03



    販売価格 7,560 円 → 6,804 円(税込)

    10%OFF!




    日本代表 7.JPG

    日本代表 6.JPG

    日本代表 5.JPG 

    日本代表 4.JPG

    日本代表 3.JPG

    日本代表 2.JPG


    日本代表観戦にもってこいです!



    UN2018-1-8.jpg


    ULTRAS商品は、 こちら  から!

     

     

     

     

     

    それでは今日はこの辺で!

    Adios♪


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック