Caldacasa ONLINE SHOP

Caldacasaとはスペイン語で「暖かい家(ホームスタジアム)」と言う意味です。 お客様の心に暖かい満足を提供できるように日々精進致します。 電話受付ポップ-5.jpg

Caldacasa MOBILE SHOP

Caldacasa MOBILE BLOG

 

リンクバナー

当ブログはリンクフリーです。

バナーを御自由にお使いください。

categories

archives

selected entries

recent trackback

本日は、W杯決勝トーナメント1回戦、赤い悪魔ベルギー戦!

0

    Hola!

     

     

     

     

     

    店主です☆

     

     

     

     

     

     

    関東地方は完全な夏の空。

    そして九州地方には台風7号が接近。

     

    今晩から明日にかけて十分に警戒してください。

     

     

     

    W杯ベルギー戦-4.JPG

     

    さて、我らがサムライブルー

    日本時間で明日未明にW杯大会決勝トーナメント1回戦のベルギ戦を迎えます。

     

     

    「すべては過去最高の目標を達成するために」理想を捨ててでも、グループリーグ突破を選んだポーランド戦。

    賛否両論は噴出しましたが、良い面を考えると主力選手に十分な休養ができ、万全な体制でFIFAランク世界3位に臨めるところは大きなアドバンテージといえるでしょう。

     

     

    おそらくメンバーは、過去2戦の選手たちをベースとしてくるはず。

    コロビア戦、ネガ戦と、チーム戦術は確実に機能していました。

     

     

    タレント集団という見方では、ベルギーは確かに今大会の対戦相手でも最強です。

    しかし、個々が与えられた役割をしっかりとこなせれば、決して防戦一方になるような相手でもありません。

     

     

    W杯ベルギー戦-2.JPG

     

    攻撃は今大会出場国でも最強クラスのベルギーですが、守備の達人は中盤にはいません。

    そこのギャップを香川真司選手(ドルトムント=ド)や乾貴士選手(ティ=ペイ)が積極的に突いていければ、フィニッシュまで持ち込めるシーンはあるはず。

     

     

    今季プレミアリーグ優勝のマンチェスターシティの屋台骨を支えた、ヴァンサン・コンパニ選手(マンチェスターシティ=イングランド)との対峙をうまくかわす攻めができれば、ゴールをこじ開けることは可能。

    守備に関してはそこまで恐れることはないと考えています。

     

     

    コロンビア戦のように勇気をもって、序盤の入りからシュートをいかに放っていけるかでしょう。

    もしかしたら、「幸運」が訪れるかもしれません。

     

     

    その幸運を手繰り寄せるのも入念な準備から。

    ベルギー対策がどこまで進んでいるのかも注目ですね。

     

     

    W杯ベルギー戦-1.JPG

     

    エディン・アザール選手(チェルシー=イングランド)、ケビン・デ・ブルイネ選手(マンチェスターシティ=イングランド)とキラ星のようなタレントが中盤を占めますが、一番押さえなくてはいけないのが、ユナイテッドのエースストライカーであり、体重は100kg近いすさまじい肉体と190cm以上の偉丈夫であるロメロ・ルカク選手(マンチェスターユナイテッド=イングランド)

     

     

    破壊力はもちろんですが、ゴール前での落ち着き払ったメンタルとポジショニングも年々磨きが増しており、ここ数年で完全にインターナショナルな選手へと成長を遂げました。

     

     

    止めるのは吉田麻也選手(サウサンプトン=イングランド)以外有り得ません。

    ここは長年プレミアリーグでレギュラーを張り続ける吉田選手のパーソナリティーに賭けてみたいところです。

     

     

    セネガルのエース、サディオ・マネ選手(リバプール=イングランド)も昌子源選手(鹿)とのコンビーネーションで封じ込めました。

    ルカク選手は今大会でも4点を決め得点量産と乗りに乗っていますが、ここを止めることができれば、勝利への道筋がはっきりとできてくるかもしれません。

     

     

    W杯ベルギー戦-3.JPG

     

    楽な得点差で勝てるという展開はまずないでしょう。

    今日は特に大迫勇也選手(ブレーメン=ド)には攻撃の起点としてのフル稼働が必須となってくるはず。

     

     

    コンパニ選手の監視をかいくぐりながらのポストプレーで攻撃に厚みを加え、狙える時は積極的なショットを期待するところ。

    大迫選手の活躍が勝利への第一条件かもしれませんね。

     

     

    今大会、攻守にわたって安定した働きが絶大な酒井宏樹選手(マルセイユ=ラン)は、右サイドを制圧してほしいところ。

    原口元気選手(デュッセルドルフ=ド)とのマークの受け渡しがうまくいけば、運動量で勝つ場面も出てくるでしょう。

     

     

    まだ見ぬ未踏の境地、ベスト8を目指して今宵の未明は日本中が一つになるとき。

    是非眠い目をこすりながら、ロストフへ念を送りましょう!

    今日、今までの「自分たち」を超えるとき!

     

     

    W杯ポーランド戦-5.JPG

     

    VAMOS!!! NIPPON!!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    CaldacasaブランドよりオリジナルTシャツが登場!】

     

    週末のフットボールとゴール裏をモチーフにしたシンプルな一枚が登場!

    1枚からのカラーオーダーにも対応!

    是非ご覧になってください。

     

     

    Tシャツ-2.jpg

     

    【 【チームカラーオーダーも対応!】 Caldacasa 2018 FOOTBALL WEEKEND T-SHIRTS 】

     

     

     

    型番 CDC2018-1



    販売価格 3,240 円(税込)




    【カラー】
    BLK(黒), NVY(紺), カラーオーダー(備考欄に文字色とTシャツの色をお書きください。)


    【サイズ】
    S,M,L,XL


    【素材】
    綿100%

     

     

     

    NVY(紺)

     

    Tシャツ-3.jpg

     

    Tシャツ-4.jpg

     

    Tシャツ-5.jpg

     

    Tシャツ-6.jpg

     

     

     

    BLK(黒)

     

    Tシャツ-8.jpg

     

    Tシャツ-9.jpg

     

    Caldacasaオリジナルから久々に新作Tシャツが登場!
    FOOTBALLに欠かせないものはBEER!

    そんなFOOTBALLのお供を前面に打ち出した一枚。
    バックプリントはやや厳ついゴール裏の男性を置き、日常のゴール裏感も醸し出しています。

    スタジアムで着てほしい一枚!


    チームカラーオーダーも一枚から受け付けますので、備考欄にお書きください!

     

     

     

    Tシャツ-7.jpg

     

     

     

     

    詳細は、 こちら から!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    それでは今日はこの辺で!

    おやすみなさい☆

     

    Adios♪


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック