Caldacasa ONLINE SHOP

Caldacasaとはスペイン語で「暖かい家(ホームスタジアム)」と言う意味です。 お客様の心に暖かい満足を提供できるように日々精進致します。 電話受付ポップ-5.jpg

Caldacasa MOBILE SHOP

Caldacasa MOBILE BLOG

 

リンクバナー

当ブログはリンクフリーです。

バナーを御自由にお使いください。

categories

archives

selected entries

recent trackback

ユース 2018神奈川県リーグ1部 第11節、ホーム平塚ダービーの平塚学園高(平塚市)戦は要所で得点が決まり連勝!自動残留圏内の5位に浮上!

0

    Hola!

     

     

     

     

    店主です☆

     

     

     

     

     

    今日は二本立てとなります!

    早速行ってみましょう。

     

     

    ユース 県リーグホーム平塚学園高戦-1.JPG

     

    我らがベルマーレU-18

    土曜日は、今季二度目のリーグ戦連勝をかけた、第11節の平塚ダービーとなるホーム馬入人工芝での平塚学園高(平塚市)との一戦に臨みました。

     

     

    平塚学園は前期からメンバーが変わっていて、中盤も運動量をベースに中央突破で攻勢を仕掛けてくるなど、マイナーチェンジを施していました。

     

     

    出だしは平塚学園の豊富な運動量と前線の力強いポストプレーを主体とした攻撃に手を焼き、とても最下位とは思えないクオリティに惑わされます。

     

     

    ユース 県リーグホーム平塚学園高戦-3.JPG

     

    ダービーということや、ベルマーレU-15出身の選手も数名在籍していることもあり、この試合にかけるものは大きかったはず。

    特に前線での力強さの前に、後手に回るシーンが多かった前半でした。

     

     

    しかし、この日のベルマーレU-18は相手の攻勢の「一瞬のスキ」を突くことに成功。

    36分に左サイドを突破した奥津玲太選手(2年)が、相手DFラインの裏を突くグラウンダーのスルーパスを中央へ。

     

     

    うまくラインブレイクした、この日トップとして先発の佐藤陸選手(2年)がGKと1対1に。

    やや左側に流れながらも、GKをうまくかわして流し込み先制ゴール!

     

     

    佐藤選手は今季リーグ戦で結果を残せずに苦しんでいましたが、ここでの今季初ゴールで波に乗ることを期待。

    体格も腰回りの筋肉が増えて、相手DFにも当たり負けしなくなってきました。

     

     

    元々は相手をなぎ倒すほどの力強いドリブル突破も兼備している佐藤選手のこと。

    自分の能力をどのような場面で出し切れるかを常に考えてプレー出来れば、一気にエースの称号を得ることができるはずです!

     

     

    ユース 県リーグホーム平塚学園高戦-2.JPG

     

    後半に入っても、平塚学園やや優勢の流れは変わらずに、ゴール前で防波堤を築くシーンが多かったように思います。

    しかし、前節の完封劇で自信を持ったように思えるGK田村亜廉選手(2年)が、ハイラインを維持することに成功。

     

     

    勇気を持って、田村選手を中心に高いラインを維持していたことが、変に守勢に回らず、高いラインからの攻撃構築に一役買いました。

     

     

    レギュラーを争う高山汐生選手(2年)とは違うスタイルで、ここ2戦は無失点に貢献している田村選手。

    最近は躊躇することなく、指示の声も飛び交うようになり、守護神としての道を一歩ずつ歩んでいることは間違いないでしょう。

     

     

    2点目は、後半ロスタイム3分に、相手DFの裏を再びするりと抜けた佐藤選手。

    一度はGKに弾かれるも、跳ね返りを再び押し込んで勝利をこの手に。

    「エースは決めれば負けない」

    これはフットボールの原理原則。

     

     

    ユース 県リーグホーム平塚学園高戦-4.JPG

     

    2-0で二度目の平塚ダービーも勝利!

    これで、今季二度目の連勝で自動残留圏内の5位に浮上。

     

     

    サマーブレイクの前に、自分たちの心持ちひとつで流れを変え、チームはよい雰囲気となってきています。

    怪我でシーズン前半を棒に振っていた最上級生の内田将葵選手(3年)も戦線復帰。

     

     

    明るいトピックスを重ねて、7月最後のゲームも笑顔で終わりたいところ。

    チームは夏休みの取り組み方ひとつで180度変わります。

     

     

    ましてや高校生。

    ひとつの「ひょんなこと」が一気にチームの未来を明るく照らしたりもするわけです。

     

     

     

     

    次回のユースの公式戦は、

     

    7/29(日) 9時30分キックオフ

    2018年度 神奈川県U-18リーグ 1部

    5節(5/19(土),5/20(日)順延分)

    vs 東海大相模高(相模原市南区)戦です。

     

    会場は、東海大相模高グラウンド

     

     

     

    ユース 県リーグアウェイ法政二高戦-1.JPG

     

    サマーブレイク前、最後の試合。

    台風12号の進路次第で、試合開催が危ぶまれることもありそうですが、今のところは大丈夫な模様。

     

     

    自動残留圏内の5位を争うライバルとの大一番。

    ここで6位との差を4ポイントに引き離して、気分良く中断期間に入りたいものです。

     

     

    結果を残して一か月間の休みに入るのと、入らないのとでは大きな差が存在します。

    6位以上でのサマーブレイク突入は確定していますが、ここは必ず5位キープで終わることが求められます。

     

     

    応援禁止会場という土地柄ではありますが、小田急相模原近辺にお住いのベルマーレサポーターの方は是非東海大相模高まで!

    未来の湘南戦士に熱いまなざしを送りましょう。

    朝早い時間帯ではありますが、応援宜しくお願い致します!

     

     

     

     

     

     

     

    SUMMER PACK 2018 発売!】

     

    夏休み突入前のお得な夏の福袋

    年々灼熱の時期が長くなっているので、今年は9/17(祝)まで販売期間を延長!

     

    ハーフパンツ多めのタイプも新たに加わって、細かい要望に応えるオーダータイプに!

    ポイント10倍、送料無料CDC新作ステッカー3枚セット付き!

     

     

    2018-SUMMER-PACK.jpg

     

    【 【7/20〜9/17まで限定販売】 Caldacasa 2018 SUMMER PACK 【送料無料、ポイント10倍】 】

     

     

     

    販売価格 5,400 円(税込)


    サイズ 
    小(S多め、M多め)、中(M多め、L多め), 大(L多め、XL多め)


    タイプ 
    A TYPE(Tシャツ多め), A TYPE(ハーフパンツ多め) ,B TYPE(フットサラー向け)

     

     

     

    この夏、お得なSUMMER PACKが今年も登場です。
    7/20(金)〜9/17(祝)の限定販売となります。


    今年は、ノーマルタイプの、TYPE Aハーフパンツ多めのタイプを追加!


    1.Tシャツ4枚 + ハーフパンツor七分丈パンツ1枚入り(TYPE BはTシャツ2枚+プラパン、プラシャツが2点+ハーフパンツor七分丈パンツが1点入ります。TYPEAのハーフパンツ多めは、Tシャツが3枚+ハーフパンツor七分丈パンツ2枚)

     

    SUMMER-PACK-2014-イメージ.jpg

    2.お好きなブランドをおひとつ選べます。(Rabonaは極少のため対象外とさせていただきます。)

    3.送料無料、ポイント10倍!

    4.ノベルティは、新作のCaldacasaステッカー3枚セット!


    ※ 数量限定となっておりますので、ご了承ください。

     

     

    ※ 送料込の表示がされますが、こちらで無料の処理をいたしますのでご了承ください。

     

     

    詳細は、 こちら から!

     

     

    たくさんのご購入お待ちしております!

     

     

     

     

     


    それでは今日はもう一本です!
    Adios♪


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック