Caldacasa ONLINE SHOP

Caldacasaとはスペイン語で「暖かい家(ホームスタジアム)」と言う意味です。 お客様の心に暖かい満足を提供できるように日々精進致します。 電話受付ポップ-5.jpg

Caldacasa MOBILE SHOP

Caldacasa MOBILE BLOG

 

リンクバナー

当ブログはリンクフリーです。

バナーを御自由にお使いください。

categories

archives

selected entries

recent trackback

J1 第22節 アウェイ仙台戦、最高の出だしも一つのミスから瓦解し、3点差の大敗で正念場を迎える。

0

    Hola!

     

     

     

     

    店主です☆

     

     

     

     

     

     

    お盆も終わり、今日から仕事再開という方も多いと思われます。

    弊店も明日から配送業務は通常再開となりますのでよろしくお願い致します。

     

     

    アウェイ仙台戦-2.JPG

     

    さて、我らがベルマーレ

    昨日はミッドウィークマッチ、J1リーグ第22節のベガルタ仙台戦でした。

     

     

    ユアテックスタジアム開場以来、一度もナイトゲームで勝てていないという鬼門の中の鬼門でのゲーム。

    この日も特有の空気にのまれる形となり自滅。

     

     

    終わってみれば1-4の敗戦でリーグ戦連敗。

    日曜のリノ戦から内容は手ごたえがあるだけに結果に反映されないというもどかしい流れとなっています。

     

     

    試合開始から仙台を自陣に貼り付ける勢いで攻め立て、12分に高橋諒選手の左からのスローイン。

    競り合いでこぼれたルーズボールを菊地俊介選手がやや角度のないところから右足シュート。

     

     

    アウェイ仙台戦-3.JPG

     

    シュミット・ダニエル選手が左手先で方向をわずかに変えて、ポストに弾かれたボールを関口訓充選手がクリアしますが、これがミスキックとなり自陣に蹴り込んでしまいます。

     

     

    積極性が生み出した幸運となり幸先よく先制!

    これで主導権を握って戦えるはずでしたが、ひとつのミスがその流れを台無しにしてしまいました。

     

     

    失点後、西村拓真選手を中心にファーストアタックの位置を上げてきた仙台。

    最終ラインのパス回し、秋野央樹選手が浮き球のコントロールをやや誤って右にパス。

     

     

    そこには誰もおらず、高い位置からインターセプトを食らってしまいます。

    その流れから関口選手に巧みなミドルを食らってしまい失点。

     

     

    せっかくつかんだ流れを台無しにしてしまったひとつのミス。

    勝負の怖さはどこに潜んでいるかわかりません。

    秋野選手はこの日フル出場。

    流れを変えてしまった悔しさは当然あるでしょう。

    このミスを糧にして、もうワンランク上の選手へと成長していくはずです。

     

     

    アウェイ仙台戦-5.JPG

     

    さらに32分に華麗なリフティングから不規則なタイミングで放たれた西村選手のゴラッソもあり逆転を許します。

    それでも前半終了から後半初めにかけて、同点のチャンスがいくつかありましたが活かせず。

     

     

    同点のピンチを切り抜けた仙台。

    直後に右からのクロス、ハーフナー・マイク選手に「破壊王」ともとれるヘディングを喰らってしまい3点目。

    クロスへの対応、ここは坂圭祐選手が被ってしまいました。

     

     

    杉岡大暉選手をアジア大会で欠いているDFライン、平均年齢が25歳以下と非常に若い構成ではありますが試合をこなすごとに成長してほしいもの。

     

     

    杉岡選手やアンドレ・バイーア選手の不在をエクスキューズにしてはいけません。

    昨日のミスと真摯に向き合い、どのように神戸戦に活かしていくか。

    日曜までまだ時間はあります。

     

     

    アウェイ仙台戦-4.JPG

     

    最後も左CKから蜂須賀孝治選手にファーからヘディングを決められてしまい完敗。

    クロスとセットプレイからの失点でのクロージングは非常に気なるところです。

     

     

    集中力が切れてしまい、このスタジアム特有のエアポケットに入ってしまったことは確か。

    しかし、エアポケットへの扉を開けてしまったのは自分たちのミスからでした。

     

     

    この点を選手たちがどこまで理解しているか。

    負けるにはやはりそれ故の原因があるのです。

     

     

    次節は世界的スーパースター、アンドレス・イニエスタ選手とルーカス・ポドルスキ選手のホットラインが「開通した」神戸が対戦相手。

     

     

    ホームで迎える世界の黒船、チケットは完売。

    指をくわえて黒船の襲来を待つわけにはいきません。

     

     

    フットボールは二人でやるものではありません。

    増してや圧倒して勝っているわけでもありません。

     

     

    ここを錯覚せずに平常心で挑めるかどうか。

    「優れている選手だからこそ対策はしなかった」

    前回の神戸戦後にチョウ・キジェ監督が語ったこの一言が思い出されます。

     

     

    やることは変わらない、いかにして神戸守備陣を崩していくか。

    この一点だけに集中し、日曜こそは勝利のダンスを踊りましょう。

    相手を必要以上に恐れるなかれ、走り勝てば勝機はベルマーレに必ずや転がり込んできます。

     

     

     

     

     

    Caldacasaでは、完全オリジナル商品の製作を受け付けております!

    文化祭などのイベントや、お好きなチームの応援Tシャツ、
    フットサルチームのプラクティスシャツなど、幅広いジャンルでの実績があります。

     

    お客様のご要望に幅広く対応し、世界に1枚しかないTシャツ、マフラーを作成いたします。

     

     

     

    過去製作実績は、 こちら をご参照ください!

     

     

     

    image4.JPG

     

    image6.jpg

     

    image10.jpg

     

     

    マフラー-8.jpg

     

    マフラー-7.jpg

     

    フライヤー.JPG

     

    Tシャツ案-12.jpg

     

    Tシャツ案-22.JPG

     

    Tシャツ案-6.jpg

     

    Tシャツ案-15.JPG

     

    マフラー-11.jpg

     

    マフラー-12.jpg

     

    マフラー-15.jpg

     

    練習着-22.jpg

     

    練習着-21.JPG

     

    練習着-20.JPG

     

    山田様ご提案-9.jpg

     

    La-Fuchu-Tシャツ-14.jpg

     

    ベンチコート.JPG

     

    神場様-1.jpg

     

    神場様-12.jpg

     

    デザイン案-10.JPG

     

    デザイン案-9.JPG

     

    まずはお気軽に、info@Caldacasa.com までお問い合わせください。
    ベースにしたいカラー(例:黄緑と青)を教えていただければ、
    ますはイメージをご提示致します。

     

     

     

    丁寧さと緻密さがウリ。

    是非一度ご検討を!

     

     

     

     

     

    それでは今日はこの辺で!

    よい夜をお過ごしください☆

     

    Adios♪


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック