Caldacasa ONLINE SHOP

Caldacasaとはスペイン語で「暖かい家(ホームスタジアム)」と言う意味です。 お客様の心に暖かい満足を提供できるように日々精進致します。 電話受付ポップ-5.jpg

Caldacasa MOBILE SHOP

Caldacasa MOBILE BLOG

 

リンクバナー

当ブログはリンクフリーです。

バナーを御自由にお使いください。

categories

archives

selected entries

recent trackback

思い出のアウェイスタジアム -55-(ベスト電器スタジアム)

0

    Hola!

     

     

     

     

    店主です☆

     

     

     

     

     

    6月も早くも残り5日となり、一年の半分が過ぎようとしています。

    午前中激しい雨が局地的に降りましたが、午後は雨が止んでいる埼玉県南です。

     

     

    今日も思い出のアウェイスタジアムとゲームをセットで振り返っていくコーナー。

    55回目となる今日は、アビスパ福岡のホームスタジアムである「La 博多の森」ことベスト電器スタジアムです。

     

     

    福岡との対戦は、イコールでベルマーレJ2苦闘の歴史でした。

    2003年以来、対福岡戦は引き分けひとつを挟んでの13連敗。

     

     

    ベルマーレの暗黒時代の象徴として福岡は立ちはだかり続けた歴史があります。

    そんな福岡戦の連敗を止めたのが2007年夏の終わりの博多の森でした。

     

     

    石原直樹選手の劇的な後半残り10分での決勝点で対福岡戦の連敗を止めると。翌年からは過去4シーズンの苦闘が嘘だったかのように博多の森で結果を残し始めます。

     

     

    翌年こそ1分け1敗でしたが、2009年は「ダブル」を達成し、勝ち点6を湘南へと持ち帰りました。

    GWのロスタイムに魅せた田原豊選手の振り向きざまのキャノン砲の弾道は未だに目に焼き付いているレベル。

     

     

    福岡を完膚なきまでに叩いた快感もありましたが、今日ピックアップしたいのは同年の夏のロスタイム劇場。

    アブラゥン・リンコン・マルチンス選手が「大統領」となった夜です。

     

     

    当時のmixi日記からどうぞ。

     

     

     

    いや、こんなことってあるんだな。
    土曜はどう考えても負けパターンの試合だった。

     


    ベルマーレもいつも通りにやってはいたんだけど、福岡の狙いがとてもはっきりしていたため大苦戦。

    あべしゅう(阿部嵩選手)が拾い、久藤(清一選手)がアクセントと決定機演出のアシスト、ジャンボ(大久保哲哉選手)がその体躯で雄三(田村雄三選手)を引っ張りだし、アタッキングセカンドのフリーゾーンを田中佑昌(選手)や泰(高橋泰選手)がひっかきまわす。

     

     

    このコンセプトはしっかりしていて本当に手を焼いた。

    この対戦があと一月遅かったらやられていたのではないでしょうか。

     

     

    泰のループがミスってなければ福岡が劇的勝利を掴んでいた試合。

    まさに反さん(反町康治監督)の仰る通り。


    芝が津山よりもアレガナニデソノだったため、いつものパスサッカーができず旗頭(坂本紘司選手)も追い越さない。

    中盤はテラさん(寺川能人選手)のボールキープに頼るという悪循環でロストすると、前述した通りジャンボに預けて雄三がサイドに引っ張り出されるため、アタッキングセカンドのフリーゾーンを久藤に効果的に使われる。

     

     

    ただ運が良かったのは久藤と泰、ジャンボとの呼吸が全く合わなかったこと。

    それに久藤はプレーメーカーだからスルーパサーというより、アクセントを付けるいぶし銀なんだよな〜。


    大統領(アブラゥン・リンコン・マルチンス選手)も前半の途中まで少し動けていただけで、時間が経つにつれて「走れない、競れない」仕様が出てしまい、得点の香りは全くしなかった。

     

     

    家に帰ってハイライトを見ると、実際チャンスシーンは多かったのだけど、超決定機というのは印象にない。

    手詰まりだったのは戦と一緒で、そこにリンコンがいたかどうかだけが違いだった。

     

     



    そこにリンコンがいたかどうかだけが違いだった。



    引き分けか、場合によっては福岡劇的勝利濃厚なロスタイム90分36秒

    ヨシロー(阿部吉朗選手)が山形(辰徳選手)との間合いを見て、浅い位置からアーリー。

     

     

    亮太(永田亮太選手)がすらした。

    そこにリンコンがいたかどうかだ。

     

     

    ダイレクトで合わせる。

    吉田(宗弘選手)がキャッチできずに弾く。

     

     

    こぼれたところ、長い足と独特の嗅覚でねじ込む。

    CURVAはその瞬間時が止まっていた。

     

     

    吉田、釘崎(康臣選手)、あと一歩及ばず。

    リンコンもそうだが、亮太が「追い越した」ことが因果している。

     

     

    反さんの想いを汲み取り、がむしゃらに前へと走ったことが「大仕事」につながった。

    リンコンだけではない。

     

     

    ダイアゴナルでDFラインを下げたイガ(猪狩佑貴選手)も決勝点の予兆を作れはしなかったが懸命に動いていた。

    全く予感のなかった「劇的」を現実にする。

     

     

    反さんの想いが結実してきたことの何よりの証拠である。
    それまで完全に消えていたリンコンが大仕事。

     

     

     

    リンコンとはこういう選手。

    昔の武田修宏(選手)のように89分59秒消えていても1秒で仕事をこなす。

     

     

    これがなければ今日はダメダメだった。

    これがあるからリンコンは忘れられない。

     

     

    敷島小瀬、そして博多の森

    言葉にできない魅力。

     

     

    明日も頼むよ!
    さて、明日は「苦手」が相手。

     

     

    過去21勝1分けではありますが、完全にイニシアチブを取られています。

    ベルマーレからすれば、おそらくJ2全チームの中で一番組みづらい相手でしょう。

     

     

    栃木からすれば相手は上位。

    モチベーションも上がるだろう。

     

     

    そして17戦勝ちなしと爆弾を持って平塚へ乗り込んできます。

    草津戦の二の舞はいらない。

     

     

    失態を犯すようであれば、それは今までの足並みを一瞬で崩すことになる。
    それに一戦一戦の重みはとてつもなく、重い。

     

     

    重くなってくる。

    決勝戦以上にベルマーレの未来をかけての残り15戦となる。

     

     

    生死をかけて、ただ、戦うのみ。

     

     

     

    =============================================

     

     

     

    13連敗していた頃の福岡戦のようなどこか怯えたような感じはありませんでした。

    しかし、この試合ほど「事は突然にして起きる」ということを認識したことはなかったと思います。

     

     

    劇的決勝弾の予兆はありませんでした。

    前述した高橋選手のループ、田中佑昌選手のサイドネットの右足シュートなど、どう考えても福岡の方が「試合巧者」なこの日でした。

     

     

    阿部(吉)選手からのクロスが上がって、リンコン選手が押し込むまでの一部始終は今もしっかりと覚えています。

    入った瞬間、ゴール裏の全員が最前列まで一目散に駆け抜けましたね。

     

     

    この試合も室蘭での幌戦や、長居でのC戦と並ぶくらいのベストアウェイマッチであり、自身の応援人生の中でも色濃く駆け抜けた2007~2009にかけてのベスト5に入ってくるゲームです。

     

     

    長い長い6分以上のロスタイムも耐えに耐えて掴んだ、博多の森での「ダブル」

    燦然と輝くこの日の勝利は、2009年の劇的なエンディングへ「偉大なる伏線」となりました。

     

     

     

     

     

     

     

    Caldacasaでは、TOKYO2020を控えるU-23なでしこJAPAN4年前の雪辱を期すSAMURAI FIVEQATAR2022でのリベンジを見据えるSAMURAI BLUEを全力で応援!

     

    未来の日本代表戦士を支える応援アイテムを数多く取り揃えております。

    是非ご覧になってください!

     

     

     

     

    たとえば・・・

     

    UN2019-5-1.jpg

     

    【 【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON 映画「ドーハ1993+」Tシャツ 】

     

     

     

    型番 UN2019-05




    販売価格 4,400 円(税込み、10%)

         



    【サイズ】
    【着丈:身幅】(cm)
    M 70:52
    L 74:55
    XL 78:58


    【素材】
    綿100


    【カラー】
    ブルー

     

     

    thumbnail_UN2019-2-1.jpg

     

    【 【日本代表応援ポロシャツ】 CORAZON ULTRAS ポロシャツ 】

     

     

     

    型番 UN2019-2

     

     

     

    販売価格 4,950 円 → 3,465 円(税込、10%)


    【サイズ】
    【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
    S 64:46:22
    M 68:50:23
    L 71:54:23
    XL 75:58:24

    【素材】
    コットン60%、ポリエステル40

    【カラー】
    ネイビー、グレー

     

     

    UN2019-3-1.jpg

     

    【 【日本代表応援パーカー】 CORAZON ULTRAS2019ZIPパーカー 】

     

     

     

    型番 UN2019-3

     

     

     

    【販売価格】
    7,700 円(税込、10%)



    【サイズ】
    【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
    S 62:52:57
    M 66:55:60
    L 70:58:61
    XL 75:63:62

    【素材】
    コットン52%、ポリエステル48
    ※裏起毛付きで保温性に優れております。

    【カラー】
    ロイヤルブルー

     

     

    UN2017-1-1.jpg

     

    【  【日本代表応援Tシャツ】 CORAZON RUSSIA2018出場記念Tシャツ 】

     

     

     

    型番 UN2017-01



    販売価格 3,565 円 → 1,070 円(税込、10%)

    70%OFF!

     

     

    HU2018-5-2.jpg

     

    【 【日本代表応援Tシャツ】 HOOLIGAN UNITED ULTRAS×HUFC Tシャツ vol.1 )】

     

     

     

    型番 HU2018-03



    販売価格 3,780 円 → 1,890 円(税込)
    50%OFF!


    【サイズ】
    ※Tシャツ【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
    S 65:48:20
    M 68:51:21
    L 71:54:22
    XL 74:57:23

    【素材】
    コットン100

    【カラー】
    ブラック(プリント:ホワイト)、ブラック(プリント:ブラック)

     

     

    UN2019-7-5.jpg

     

    【 【日本代表応援マフラー】 CORAZON ULTRAS QATAR2022 スカーフマフラー 】

     

     

     

    型番 UN2019-07

     

     

     

    販売価格 3,300 円(税込み)

     

     

    【サイズ】
    横幅150僉⊇追17

    【素材】
    ポリエステル65%、コットン35%


    ※スカーフというネーミングではありますが、ペラペラとした素材ではなく、しっかりとした作りになっており、引っ掛かりにくい織り方をしております。

     

     

    UN2019-8-1.jpg

     

    【 【日本代表応援パーカー】 CORAZON ULTRAS×CORAZONパーカー 】

     

     

     

    型番 UN2019-08

     

     

     

    販売価格 6,600 円(税込)

     

     

    【サイズ】
    【着丈:身幅:肩幅:袖丈】(cm)
    S 62:52:44:57
    M 66:55:48:60
    L 70:58:52:61
    XL 75:63:55:62

    【素材】
    コットン52%、ポリエステル48

    【カラー】
    ブルー



    日本代表 7.JPG

    日本代表 6.JPG

    日本代表 5.JPG 

    日本代表 4.JPG

    日本代表 3.JPG

    日本代表 2.JPG


    日本代表観戦にもってこいです!



    UN2018-1-8.jpg


    ULTRAS商品は、 
    こちら  から!

     

     

     

     

     

     

     

     

    それでは今日はこの辺で!

     

    Adios♪