Caldacasa ONLINE SHOP

Caldacasaとはスペイン語で「暖かい家(ホームスタジアム)」と言う意味です。 お客様の心に暖かい満足を提供できるように日々精進致します。 電話受付ポップ-5.jpg

Caldacasa MOBILE SHOP

Caldacasa MOBILE BLOG

 

リンクバナー

当ブログはリンクフリーです。

バナーを御自由にお使いください。

categories

archives

selected entries

recent trackback

いよいよJ1リーグ再開! 本日はホーム仙台戦!

0

    Hola!

     

     

     

     

    店主です☆

     

     

     

     

     

     

    熊本県南にお住まいの方にお見舞い申し上げます。

    一日も早く、日常が戻りますように。

     

     

     

    さて、いよいよJ1サポーターにも「日常」が戻ってきました。

    まずはこの状況下で、Jリーグのすべてのカテゴリーの開幕と再開にこぎつけたことに感謝。

     

     

    最前線で常に戦ってくれている医療従事者の方にこの上ない拍手を送りたいものです。

    医療従事者の方の献身なしでは、この日にたどり着くことは難しかったでしょう。

     

     

    今現在も東京都の日ごとの感染者が急増と予断を許しませんが、まずは日常を取り戻せたことに感謝をしながら今日の試合を見守りたいものです。

     

     

    今日は、「結果よりも再開」できたことの方が喜びは大きい気がします。

    願わくば、再び中断という流れにならないことを祈って。

     

     

    J1でのリモートマッチは史上二度目。

    前回は浦和-水の「無観客試合」だったので勝手が違います。

     

     

    観客の念が「寄り添う」ことを許されたスタジアム。

    思いは確かに伝わらないのかもしれませんが、そこに寄り添える権利があるのとないのとでは大きな違いがあります。

     

     

    見守ることしかできないという前提での試合。

    試合を分けるのは選手の日々の鍛錬とフットボールへの飢えと愛情です。

     

     

    スタジアムの声援が「ない」以上、本当に選手のメンタルが試されます。

    1ミリでも前へ出る気概、相手より1歩でも速く走るスタミナ。

     

     

    その源はどこから来るのか。

    声援が望めないならば、普段の己の行いからでしかないでしょう。

     

     

    静かに熱を帯びるであろう90分。

    メンタルは極限のものかもしれません。

     

     

    そして開幕連敗は避けたいところ。

    浦和戦は「善戦」でしたが、善戦は「負け」という結果が前提にあってこその言葉。

     

     

    内容も求めたいですが善戦はいりません。

    降格こそありませんが、緊張感をもって最後の1秒までファイトすることが勝ち点へと結びついていきます!

     

     

    そして最後に。

    Twitterで多くのベルマーレサポーター同士の方が触れておりますが、ベルマーレサポーター拡大、サポ同士のコミュニティ形成に多大な貢献をされたサポーターの方が先週土曜日に急逝されました。

     

     

    私自身も面識があり、育成組織の応援にも時間があるときに駆けつけてくれる、ベルマーレ全体を考えていた方でした。

    経営されていたバーもコロナ禍が小休止し、これからというときでの悲痛な出来事。

     

     

    「誰かのために勝て!」という言葉は好きではありません。

    それでもベルマーレを介して仲間を幸せにすることに尽力していたこの方を思いながら、今日は選手たちにプレーしてほしいです。

     

     

    今日はチームも8ゲートでいつも応援されていた場所に、経営されていた会社のバナーを張るという粋な計らいをしてくれました。

    今日はゴール裏にasobi心をもった「12人目のプレーヤー」がいるはずです。

     

     

     

    VAMOS!!! BELLMARE!!!

     

     

     

     

    それではベルマーレの勝利を祈って!

     

     

    Adios♪